スマホ版サイトを見る
探偵トップ > 別れさせ屋工作 > 別れさせたい場合 > 婚約を破棄させる

婚約を破棄させたい

婚約していても、迷っている人は少なくない

婚約している関係にある場合、すでに周囲の人達(身内など)にも認知されているということになります。
この点を踏まえて別れさせ屋工作を行なう必要があります。

このまま結婚して良いのかと、一度は考える

例え、婚約していても男性であり、女性である以上、別の異性に興味を持つことはあります。
また、マリッジブルーという言葉がるように、「このまま結婚して良いのか・・・」という迷いや不安は多かれ少なかれあるものです。
婚約していても恋愛中です。恋愛の熱が冷めてしまうことはあるのです。
婚約相手がその気持ちに気づくことで、結婚に対する温度差を感じ、意識が変わってしまうのです。

婚約相手も結婚を迷ってしまったり、不安になってしまうものです。
工作員との恋愛に夢中になったり、本気になることで一気に婚約破談となります。
婚約相手に対して、別の恋愛を持ち掛ける別れさせ屋工作が最も効果的であり、新しい恋愛をすることで、今現在の婚約を破棄することができるのです。

結婚前に、「裏切られた」、「ウソをつかれた」という事実をつくり、結婚に迷いや躊躇いが生じてしまえば、不信感や将来の不安から婚約を解消することになってしまうのです。
婚約相手と別れさせたい場合は、別れさせ屋工作を行なう工作員も彼氏(彼女)が在るという設定の中で工作を発展させていくことが多くなります。
同じ境遇の二人(ターゲットと工作員)になった方が心境的、心理的にも安心感を与えて、男女としての絆も深まるからです。
同じ気持ちから協調性が芽生えて恋愛に発展します。
よく、恋愛相談をしていた相手と恋に落ちて付き合うことになることがありますが、まさにこのような心理でしょう。

周囲の人を巻き込んだ工作も必要

別れさせ屋工作イメージ

最終局面において、効果的と判断すれば、周囲の人を巻き込んだ工作も必要になる場合があります。
お付き合いや同棲している二人とは違って、少なからず周囲に認知されて婚約しているはずです。
婚約破棄する時には二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために、身内が婚約破棄を認めないケースも多いのです。
その為にも周囲の人達に”婚約破談に至った事実”を知って頂く必要があるのです。

相手の親も、結婚前に浮気したり、他の異性の存在が発覚することで、結婚を反対せざるをえない状況になってしまいます。
周囲の理解を得ることが出来れば、婚約解消という結果になるでしょう。
もちろんですが、対象者本人に結婚の意志がなくなることが一番良い方法になるのです。

このように、別れさせ屋工作により新しい恋愛を作り出し、今の恋愛を清算させることで“婚約解消”を演出します。
まずはご一緒に自分の状況に合った婚約相手と別れる方法を考えてみましょう。
別れさせ屋ミッションエージェントの別れさせ屋工作がきっとあなたの願いを叶えます。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金

↑PAGETOP