スマホ版サイトを見る
トップ > 別れさせたい場合 > 浮気相手と別れさせる

浮気相手と別れさせる

浮気の悩み

どんなにラブラブな夫婦でも、愛情が冷めてしまうことがあります。
永遠の愛を誓った夫婦の気持ちが変わらずにいることは難しいのです。
新婚の頃と何年も連れ添った夫婦生活では、夫婦関係にも変化があって当然です。
弊社へ浮気の悩み相談をされるお客様は、以下のようなご要望をお持ちです。

  • 夫が会社の部下の女性と社内で浮気をしているので別れさせたい
  • 夫に「離婚したい」と言われたので本気になっている浮気相手と別れさせたい
  • 妻が家庭を顧みないで浮気相手に夢中になっているので別れさせたい
  • 娘が会社の上司と社内で浮気しているので別れさせたい
  • 長く浮気をして、周囲が見えていない二人を別れさせたい
別れさせ屋工作イメージ

愛のカタチが変わるのは受け入れられても、配偶者の気持ちが自分以外の誰かに向いてしまうことは耐え難いものです。
パートナーの浮気に悩む人は多いと言えますが、浮気をする側とされる側、その原因と心理がわかっていたら浮気は未然に防ぐこともできたでしょう。
浮気されている人の多くは、「離婚したくない」というのが本音です。嫌いになって離婚する夫婦ばかりではないのです。

浮気の証拠はあるが、パ−トナ−の性格上、追求すると逆上しないか?開き直ってしまうか? 家を飛び出すのでは?今後の生活は?と考えると、本当は証拠を突きつけて抗議したくても、思い通りにできない場合もあります。浮気の事実を元に浮気相手を脅したり、相手の家や職場に乗り込んだり、法的措置を取れば、大切な人の気持ちまで余計に遠ざかってしまうこともあります。
だからと言って諦めたり、我慢して放っておけばどんどん深刻な事態になりかねません。周囲から何を言われても聞こえない二人なのであれば、浮気をしている本人同士に気付かせるしかないのです。
本人達に気付かせるには周囲からではなく、浮気している当事者二人からなのです。

浮気相手と別れさせる方法

『恋は盲目』とよく言います。浮気している二人もまたそのような状況でしょう。
浮気している二人を別れさせる方法としましては、浮気している二人の愛人・不貞行為の関係を持ってからの状況・年数や本気度によって難易度が変わります。

20〜30代の浮気しているカップルは比較的に本気度が高く、意外と簡単に離婚を考えます。
これから先の長い人生を考えた時に「まだやり直せる」という思いが強いのでしょう。
40〜60代といった浮気しているカップルは冷静に浮気(遊び)として楽しんでいる方が多い傾向にあります。

不倫や浮気は、遊び?か本気?かで別れさせる工作方法も変わってくる

体目当ての付き合いや、お金だけの付き合いであれば、別れさせることが難しくはない別れさせ屋工作が予想されます。新しい恋人が現れたり、ちょっとしたきっかけやプレッシャーで別れを選んでしまうことが多いからです。しかし、難しいのは浮気が本気になってしまっているケースです。
浮気や不倫の関係が周囲の方や家族にバレてしまっていても反省するどころか、開き直っているようなタイプの人たちです。完全に周りが見えなくなり、人の意見など全く聞き入れない状況の人です。
このような場合は、基本的に独身である方に別れさせ屋工作を仕掛ける方がうまくいきます。

お互いが夢中になって相手を追い掛けている場合には独身者に別れさせ屋工作を仕掛ける方が効果的です。
やはり、ツラい不倫の経験をしている人は、少なからず既婚者との浮気・不倫の関係に後ろめたさを感じているものです。
今は浮気相手に気持ちが向いているのですが、工作の中で二人が不安になったり、信用できなくなるように仕向けるのです。浮気相手との恋愛に迷いが生じるように別れさせ屋工作を行なう必要があります。

客観的に現在の浮気という行為・状況を考えさせて、先々で起こる障害や苦難に気付かせ目を覚まさせます。また、同時に親や会社をうまく利用して、世間体というプレッシャーからも圧力を掛けることも別れさせる方法として効果的です。
また、新しい恋愛をすることで浮気を忘れられると考える人も多く、好きな人を見つけることが出来たら、すぐにでも新しい恋愛に乗り換えて浮気を解消する人もいるのです。
この「新しい恋愛」、「好きな人」を別れさせ屋工作で演出するのです。
浮気の関係が遊びの場合であれば一度、浮気を解消となると後を引くことなく解決も早いものです。
しかし、本気となると浮気ですら完全に別れるまでには長引く可能性もあります。
また、愛人側は浮気の末の悲しい現実を思い知ることで周囲からのプレッシャー・世間体などに気付いたりします。冷静になることで将来性のない恋愛に未練を残すことも少ないのです。
そして新しい恋愛をすることにより、浮気が過去の苦い経験となってゆくのです。

浮気相手と別れさせた後

家族の支えが大事

別れさせ屋工作イメージ

既婚者側は立ち直るにあたり、夫婦間・家族間の協力や支えがとても重要なものになります。
家族の大切さ・家庭の温もり・夫婦の絆に気付くことで見失っていた気持ちを取り戻せるでしょう。
この夫婦や家族の“支え”がないと浮気相手に未練が残ってしまったりしますので“心のケア”がとても大切になります。

浮気をする人たちは、刺激を求めて浮気をしている方が多いですが、基本的には自分のことを理解してくれる人、気持ちの通じ合う人がいなく、寂しい思いをしている人がほとんどです。
浮気という逃げ場所に”心の安らぎ”を求めてしまい、その安らぎを家族・夫婦や恋人に見出すことが出来れば、気持ちも体も必ず戻ってくることと思います。

二人が浮気を解消しようとする時、とてもナーバスになると予想されます。パートナーが一日も早く吹っ切って元気を取り戻すには家族やパートナーの支えを必要とします。
本来の姿まで、元の家庭環境に戻るまでに時間を要する場合もありますが、浮気していたことを非難したり、そのことを詰め寄ってはいけません。
家庭の良さ、家族の大切さを理解できるように温かく接してあげるように心掛けて下さい。
この別れさせ屋工作を実施する上で最も重要なことは、お客様やご家族のご協力です。

協力と言っても、実際に工作に参加する訳ではなく、実施段階でのパ−トナ−の様子を観察して、支えてあげるという協力です。本人の様子を観察することにより、お客様ご自身もその効果を実感できます。
浮気の関係を解消させて、元の暮らしを取り戻せるようにご協力致します。

この浮気の解消方法は、パ−トナ−に知られることなく、合法的に浮気を解消できると共に、お客様が依頼した事実が発覚することはありません。
本人達に別れるきっかけ・原因を作り出し、事を荒立てずに自然な恋愛の中で消滅させてゆくのです。
「別れたくない」、「離婚したくない」という思いからのご自身の言動や行動で事態が深刻化してしまう恐れがある場合には、別れさせ屋ミッションエージェントの別れさせ屋工作をご利用下さい。また、復縁に向けてのアドバイスも別れさせ屋工作を行いながらも随時行ってまいります。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金

↑PAGETOP