スマホ版サイトを見る
探偵トップ > 別れさせ屋工作 > 別れたい場合 > 婚約破棄する方法

婚約破棄する方法

婚約相手と別れたいなら

順調な交際を重ねてようやく婚約したとしても、何かのきっかけで婚約相手に冷めてしまったり、結婚しなければいけないということを苦痛に感じて、婚約を解消したいと思うことがございます。
婚約したけれども、この人と結婚していいのだろうかと、結婚に踏み切れないで不安になるケースは多くございます。
また、婚約しているのに他の人を好きになってしまうこともあるかも知れません。

婚約相手と別れたい理由も、またその状況も様々

別れさせ屋工作イメージ

「どうしても婚約相手と別れたい」と思っていても、どうしたら別れられるのか・・・と悩むだけで無益に時間を過ごしている方を多くお見受けします。
明確な理由で婚約相手と別れたいと思われている方もいれば、ただ漠然と結婚することに躊躇する気持ちが強くて婚約解消したいと思われている方もいらっしゃいます。
「マリッジブルーかな・・・?」そう思いながらも、時間や周囲に流されて結婚した人の中には後悔している方も多く、そのときに感じた直感は正しかったのかも知れません。
結婚してから離婚するよりも、「何か違う・・・」と感じてしまったときに「別れ」を決意するべきなのです。

また、婚約しているので、自分から婚約相手に「別れたい」とは言いづらいものです。
そこで、別れさせ屋工作によって婚約相手に「婚約破棄できる原因」をつくるのです。

別れさせ屋工作による「別れ方・別れる方法」を用いる場合、別れたい婚約相手の状況を教えて頂いております。
恋愛する前の状況や恋愛中の出来事、「別れたい・婚約解消したい」と思うまでの経緯について、下記のような事項を詳しくお伺いしています。

婚約相手との状況

  • あなたが「別れたい」と思っていることを婚約相手が知っているのか
  • 婚約相手と別れたいと思った理由
  • 別れたくないという婚約相手の言い分
  • 婚約相手との恋愛状況(会う頻度・連絡の頻度・同棲生活・親御さんへの挨拶・式場の手配や招待状の発送の有無)
  • 婚約相手の生活環境
  • 結婚式の予定

婚約関係にあるという事は、すでに周囲の人達(身内など)にもお二人の関係は認知されているということになります。
この点を踏まえながら別れさせ屋工作を行なう必要があるのです。
例え、婚約していても男性であり、女性である以上、別の異性に興味を持つことはあるのです。

また、マリッジブルーという言葉があるように、「このまま結婚して良いのか・・・」という迷いや不安は誰にでもあるものです。
婚約していても恋愛中です。
恋愛の熱が冷めてしまっている態度を表に出すことも必要です。
相手がその空気を読むことで温度差を感じます。
そうすることで相手もまた迷ってしまったり、不安になってしまうものです。

別の恋愛を意識するように仕掛ける

この時に婚約相手に対して、別の恋愛を持ち掛ける別れさせ屋工作が最も効果的となります。
工作によって新しい恋愛を作り出し、今の恋愛を清算させることで“婚約解消”を演出します。
婚約相手と別れたい場合、別れさせ屋工作を行なう工作員も彼氏(彼女)がいるという設定の中で工作を発展させていくケースが多いと言えます。
同じ境遇の二人(ターゲットと工作員)になった方が、心理的にも相手に安心感を与えて男女としての絆も深まるからです。
同じ気持ちだという共通認識からシンパシーが芽生えて恋愛に発展します。
よく、恋愛相談をしていた相手と恋に落ちて付き合うことになることがありますが、まさにこのような心理でしょう。

最終局面において、周囲の人を巻き込んだ工作も必要になる場合がございます。
お付き合いや同棲している二人とは違って、少なからずは周囲に祝福されて婚約しているはずです。
婚約破棄するとなれば、お二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるため、身内が婚約破棄を認めないケースも多いのです。

その為に周囲の人達に”婚約解消に至った理由”を知って頂く必要があるのです。
周囲の理解を得ることが出来れば、婚約を解消しても仕方がないという意識を与えることができるでしょう。
まずはお客様の状況に合った婚約相手と別れる方法を考えてみましょう。
ミッションエージェントの別れさせ屋工作がきっとあなたの悩みを解決してまいります。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金

↑PAGETOP