スマホ版サイトを見る
トップ > 盗聴調査 > 携帯電話の盗聴について

携帯電話の盗聴について

携帯電話は盗聴可能なのか?

「携帯電話が盗聴されているか調べてほしい!?」このような相談を多く頂いておりますが、携帯電話自体に盗聴器を仕掛けることは非常に困難であり、不可能に近いことです。

近年の携帯電話は、非常に小さく、薄く作られている精密機械です。
電話機能、カメラ機能、テレビ機能・・・多くの機能を詰め込んでいるために盗聴するための機器を中に入れるスペースは無いのです。
携帯電話での通話が盗聴されているのではなく、その会話が盗聴されていると考えるべきなのです。

携帯電話を使っている場所が問題

その場合、携帯電話で話している場所が問題になるのです。
携帯電話を使用している場所が自宅や会社、車の中などの密室の場合には、その場所に盗聴機器が仕掛けられている場合が殆どです。
使用していた電話機が携帯電話だったために、その携帯電話が盗聴されているように感じてしまうのです。
自分の携帯電話が盗聴されている?と感じる方は、まずは自分の身の回りや思い当たる場所などを盗聴調査することをお勧め致します。

携帯電話の盗聴は、携帯電話本体に盗聴器を仕掛けて通話を聞くことは出来ませんが、会話している場所に盗聴器が仕掛けられている場合にはその会話を聞くことが出来てしまうということです。

携帯電話型の危険な盗聴器

盗聴イメージ

最近では、盗聴発見機器では発見が極めて難しいデジタル電波式盗聴器というものが存在します。
それは携帯電話を使用した盗聴器なのです。
見た目はごく普通の一般的な携帯電話なのですが、会話専用に改造してあったり、自動受信の機能を利用して、仕掛けたその携帯電話に電話して着信先の状況や会話を盗聴するという事が行なわれています。

これは携帯電話のため、電波の届くところであれば、日本全国何処でも盗聴する事が可能になってしまいます。
移動する自動車の車内でも盗聴は可能です。また、携帯の位置情報サービスも有りますので何処にいるかも知られてしまいます。
この携帯電話式盗聴器を仕掛けられている場合、無音で自動着信及び通話開始となり、仕掛けた場所の周囲の音声を電話で聞く事ができます。
聞きたい時、重要な会話や情報がやり取りされていると思われる時にその携帯電話に電話をするだけ全て聞かれてしまうのです。

着信時は完全に無音、無振動、無照光(ディスプレイ照明OFF)に設定され、非通知を拒否しない設定にすることで非通知からの通話も可能になり、盗聴用携帯電話に着信履歴が一切残りません。
また、この盗聴用携帯電話はプリペイド式携帯電話を利用しているモノが殆どで契約者を判明させることが出来ません。

最近では、取り付けられている盗聴器・盗撮器のほとんどが無線式というタイプです。
これは目的の場所に設置して盗聴器から発信される電波を離れた場所で受信して聞いたり、録音したりします。

従って、万が一発見した場合でも名義人を特定する調査が困難なのです。
これら盗聴した音声は、あくまでも携帯電話の会話音声として発信と受信を行ないますので電波法には触れません。
盗聴用携帯電話のバッテリーが切れるまで盗聴が可能となり、目立たないように電源を繋いで仕掛けられている場合には、気付くまで盗聴されてしまいます。

このような携帯電話を使用するデジタル電波式盗聴器は、盗聴中のみ電波を発信しています。
盗聴器発見業者は電波を発信中のデジタル盗聴器しか見つける事しか出来ません。
しかし、デジタル盗聴器は盗聴している側の意志で電波を止めることができてしまうのです。
また、普段から電波が止まっている事もデジタル盗聴器の特徴です。

もし、持ち主不明な怪しい携帯電話を見つけたら「自動着信」、「着信音設定」、「着信時無音時間設定」などを確認してみて下さい。
一般的な盗聴器発見器での発見は難しいと言えます。
弊社のような専門業者に相談されることをお勧めします。
弊社では特殊なタイプの盗聴器・盗撮器の発見手段についても専門の技術を持ち合わせております。
発見した後の対処方法・対応策についても詳しくアドバイスさせて頂きます。

  • お問い合わせ
  • 盗聴調査料金

↑PAGETOP