スマホ版サイトを見る
トップ > ストーカー対策 > ストーカー調査について

ストーカー調査について

ストーカー調査において下記の事項を徹底的に調査します。

ストーカー調査項目

  • ストーカーの氏名、住所
  • ストーカーの家族構成、生活状況
  • ストーカーの勤務先、バイト先、学校
  • ストーカーの行動範囲、行動パターン
  • ストーカー行為の事実関係・証拠撮影・目的
  • ストーカーとの交渉、誓約、制裁

ストーカー調査での注意点

ご依頼前に、調査目的や依頼内容を調査対象者や第三者には決して口外しないで下さい。
ご依頼情報が洩れてしまいますと調査が困難になるばかりではなく、真実の結果が得られなくなってしまう懸念がございます。
また、ご相談やご依頼時の電話をご自宅や周りに人がいる場所から掛けないように注意して下さい。
もし、万が一自宅に盗聴器などが設置されている場合、ご依頼されるという情報が漏洩してしまう可能性があるからです。

怪しいと思われる人物が判明している場合、その調査対象者の行動で何曜日の何時からの行動が気になるのかをお伝え下さい。
曜日や時間を絞って調査することにより、無駄なコストの削減にもなり、また早期のストーカー被害解決にも繋がります。

ストーカー調査に有益となる情報

ストーカーが不明な場合

  • ストーカー行為における被害状況
  • いつ、何処で、何時、何をされたのか
  • 特徴(身長・年齢・髪型・服装)
  • 出没頻度
  • 手紙、メール、FAX、贈り物など

ストーカーが特定できている場合

  • 氏名
  • 自宅住所
  • 写真(身長・体型・髪型)
  • 勤務先・アルバイト先・パート先・学校・職歴
  • 服装、趣味
  • 所有車両の車種・色・ナンバー
  • 行動パターン・行動範囲(よく行く地域・場所・お店)
  • 仕事内容
  • 交友関係

※上記全ての情報が揃っていない場合でも問題ありませんのでお気軽にお問い合わせ下さい。

上記したような情報があると、ストーカー調査がスムーズになり、調査コストの削減に繋がります。
ストーカー調査は、張り込み調査・追尾追跡調査・対象者の確認調査となります。
ストーカー調査における調査現場で見たこと、知り得た情報は、依頼者様にはリアルタイムでお電話やメールにて現地にいる調査員よりご報告させて頂くことも可能です。

また、ストーカー調査中に調査対象者から依頼者様の元に何かしらの情報が入りましたらお知らせ頂く事をお願い致します。
このようにリアルタイムでのご報告や情報交換をすることで、その状況を一早く把握することができ、次の行動や展開を弊社と共に考えることができるのです。
また、逐一ご報告させて頂くことにより無駄なコストの削減にもなります。

ストーカー調査終了後には、調査報告書を提出させて頂きます。
お預かりした資料は必ずご返却し、事前に頂いた情報や調査によって知り得た情報も全て消去致します。

ストーカー調査の結果によっては、お一人では解決することが難しい状況もあるかとおもいますので、再度ご相談頂きまして解決へ向けて真剣にお取り組みさせて頂きます。
また、警察の協力を必要と判断する場合には調査によって得た証拠を元にストーカー規制法に基づく被害届を出さなければならない事もございます。

  • お問い合わせ
  • ストーカー対策料金

↑PAGETOP