スマホ版サイトを見る
トップ > 復縁工作 > 復縁工作手順

復縁工作手順

復縁工作手順のご説明

復縁工作の基本的な手順をご説明します。

事前調査  ―工作の見極め―

ご契約頂きましたら、直ちに復縁工作の事前調査に着手致します。
この事前調査では、復縁工作を行うために必要なことを調査致します。まずはお相手の方の行動調査を行います。行動を追うこと、観ることにより、行動範囲、行動パターンを把握しながら行く先々での身辺調査を怠りません。
この事前調査のために予め以下のような事前情報が必要となります。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 写真(お持ちでしたら)
  • 異性関係(恋人の有無)
  • 友人関係(交友関係)
  • 行動範囲(ルート・パターン)
  • 家族構成
  • 所有車両
  • 勤務先、(バイト・パート先、学校)
  • 習い事(ジム、英会話など)
  • 好みの異性・同性(タイプ)
  • 苦手な異性・同性(タイプ)
  • 趣味・嗜好(休日の過ごし方)

上記情報は全て必要ということではありません。調査により判明する事項もございますのでご安心下さい。
事前調査により判明した情報、復縁工作の経過状況は随時、担当相談員からご依頼者様へご報告させて頂きます。(※1)

事前調査とは、工作に入る前にターゲットの行動を1〜2週間程調査して”接触のポイント”を把握するための調査になります。「いつ何処で」、「どのような手段で」、「どんな工作員で」接触するのがベストかを見極める調査を行います。

復縁工作  ―工作方法の選定―

どのような工作展開になるか、どんな工作の方向性が考えられるかを予想して選び抜きます。この事前調査がその後の復縁工作の成功のカギを握っていると言っても良いでしょう。
お相手の性格的な情報も視野に入れて、どのような接触方法が適しているのかを考えなければなりません。
この事前調査により、

  • 復縁工作員の選定
  • 日時や曜日
  • 場所とタイミング
  • 接触方法(ご依頼者様の工作参加の必要性の有無)

などを見極めて、復縁工作をより確実に目的や目標に遭った結果に繋げていくことができる接触方法を選び、実行致します。
この事前調査から復縁方法・復縁仕方を考え出して復縁工作へと着手するのです。

復縁工作  ―接触―

対象者の生活環境や行動の中から、ごく自然な形での日常で起こりえる接触を行ないます。

  • 時間・場所や状況をうまく利用した物理的な接触を行なう復縁方法
  • 仕事や立場上の環境・行動パターンを利用した人為的な接触を行なう復縁方法
  • 恋愛感情や男女間の欲求を利用した感情的な接触を行なう復縁方法

接触時に大切なのは対象者に与える第一印象きっかけです。
好感の持てる第一印象がなければ良い印象を与えることは出来ません。きっかけ作りも偶然的なきっかけと必然的なきっかけに分かれます。
どちらのきっかけでも意識しなくてはならないことがあります。
復縁イメージ それは、確実に次回の接触につなげられるように良い印象を与えることと記憶に残ること、そして状況設定作りです。
自然な演出が接触においての大前提であり、一度目の接触は状況とタイミングが重要で、そのような場面を作り出すためには綿密な事前調査とレベルの高い復縁工作員(※2)の存在が必要となります。
二度目以降の接触では、初めて会ったこと話したことを思い出す演出や再会しても不自然にならない状況設定に気を付けます。
そのためには、一度目の接触から期間的・時間的・場所的なタイミングや設定を考慮した上で二度目の接触を計ります。
警戒心や不自然さを感じさせないために二度目以降の接触では複数の工作員を利用したり、異性の工作員も交えながら接触したりもします。
接触によりきっかけから対象者と工作員の間に確実に接点を作り出します。
きっかけをうまく利用出来れば顔見知りです。顔見知りから知り合いへ、そして知り合いから気の合う、気のおける友人へと仲を深めます。
※ご依頼者様とお相手が連絡を取り合っていたり、会ったりできる関係を保っている場合には、復縁工作員をご依頼者様の友人・知人の設定で接触させることでよりスムーズな復縁工作を実現しています。

復縁工作  ―気持ちの確認―

対象者の日常の中から気持ちへと入りこみ、ご依頼者様への気持ちの確認を行なっていきます。
まずは相手の心境を知ることから始めて復縁方法を見つけます。

  • 今現状どう思っているか?
  • 過去の恋愛関係をどう感じているのか?
  • 今後の二人の関係について、情はあるのか?愛情は?
  • 意地を張って別れたのか?未練は?
  • 他に好きな人がいるのか?すでに付き合っているのか?

日常から気持ちへと入り込むにはやはり電話とメールでの連絡も効果的です。
メール・電話でも直接会う以上に仲良くなること、気持ちを確認すること、盛り上げていくことも可能です。
もちろんですが会って一緒に過ごしている時も会話の内容や雰囲気作りも大切で、相手とご依頼者様との恋愛の距離感を確かめながら縮めてゆくという復縁のプロセスが基本となる復縁方法になります。
このようにして復縁工作員は二人の間で、二人の気持ちの温度差・距離間を常に気にして二人の接点を考えて行動を起こします。
今現在の気持ち、今までの経緯に対しての気持ちの変わり方や今後の方向性、つまらない意地を張っているだけの人もいれば、自分から別れを切り出したのに未練や情があるという人も多く存在するのです。
相手の気持ちを復縁工作により接触し確認した上で復縁方法を決定してゆきます。

  • どのような連絡の取り方、頻度が良いのか
  • どのような再会の仕方が良いのか
  • どのような接し方、付き合い方が理想なのか

ここまでくると今後の連絡の内容・会話の内容などといった二人の「内容」つまり、二人にしか理解できない二人だけの言葉や表現がとても大切になります。
もちろん会っている時の接し方、態度、表情にも注意が必要です。ただ単に懐かしいだけではいけません。

復縁工作  ―良い関係を取り戻す―

復縁工作イメージ

あくまでも継続性のある関係を取り戻すことが第一条件なのです。ここで焦って一気に復縁を迫ると今後の展開や次の手段が難しくなってしまいます。
まずは、連絡をスムーズに取り合える関係を目指します。友人というスタンスでも構いません。連絡を継続的に取り合える関係が理想的なのです。
普段日常から相手と連絡を取り合えれば、相手の行動や交友関係、今現在の近況を聞くことが可能になり、仕事上の問題、異性の問題、悩みなども相談されて心境も聞くことができます。
相手にとって気心知れた元恋人、気のおける友人というスタンスでも構いません。まずは“良き理解者・良き相談相手”という関係で良いのです。
この時、復縁工作員も同時に同じ関係を一緒になって築きます。相手の悩みや愚痴を聞くことで相談にのり、励ましながら一緒に考えて仲を深めます。
世間話程度の会話からでも次に繋げられる口実、会ったりできる既成事実をつくっていくのです。
そのためには相手の警戒心を解く必要があるのです。別れて未練があるから連絡を取りたがっていると思われてしまったらマイナスです。復縁方法をここで間違えている人がとても多いのです。
振った側の人というのは、いつまでも相手が自分の味方であり、好きでいてくれていると思いがちです。相手に復縁したいと思わせるためには、今でも好きと思われていない方が優位な展開が期待できるのです。そのように思われないためには連絡初期段階で、「もう諦めたよ」、「気になる人ができた」、「毎日充実している」などというように未練や執着心は無いことをキッパリと伝える必要があるのです。
まずは、自分の心境をうまく伝えることで相手の本心を聞き出せるのです。自分でうまく伝えることができない場合には復縁工作員が間接的に伝え、また聞き出すことで復縁工作がスムーズになります。
二人が出会って恋愛する前の状況に関係を戻す必要があるのです。
言わばゼロからのスタートの状況であり、そのような心境を心掛けることが大切です。
そのために復縁工作で気をつける事項は、

  • 「復縁してほしい」、「今でも忘れられない」という感情を表に出さない。
  • 相手への気持ち・過去の恋愛を引きずっていない、未練は無いと伝える。
  • 自分の長所を伸ばして、短所は改善する
  • 相手の心境を読んで時間を掛けてでも確実な方法を取ること。
  • 焦ったり、諦めたりしないで気持ちを前向きにする。

よく別れ際に、「別れてからも連絡を取り合って、友達みたいにしよう」と言われるケースが多いです。
このような場合は復縁できる可能性が高いのですが、連絡を取り合う内に別れた現実を忘れたり、または相手を思う余りに、必要以上に連絡をしてしまい迷惑がられ、結局は音信不通になってしまうということがとても多く見受けられます。
やはり、気持ちがゼロからのスタート地点まで戻っていないからなのです。うまく関係を修復できたと思い込んで時期早々に復縁を迫って失敗してしまうケースも同じことが言えるのです。
復縁は、自己改革・タイミング・きっかけが重要になります。
相手の心境を読むことは復縁工作員が行ないます。その上でベストなタイミングを計り、復縁できるきっかけをつくり、復縁を実現させます。二人に合った二人だけの復縁方法を見つけるのです。
復縁工作員・担当者の的確なアドバイスに耳を傾けて、相手に対する言動や行動に注意して復縁工作のご協力をお願いしています。

※1.専属担当

復縁工作のご依頼を頂いて着手からアフターフォローまで専属の担当相談員がご依頼者様に必ず1名付きます。着手前に担当相談員と実際に会ってみることをお勧め致します。
「どのような人なのか?」、「任せても大丈夫なのか?」、「顔を見ないと不安だ」という方は、担当相談員に直接会って打ち合わせや相談することで細部にわたり思いを伝えることが出来て、また不安も解消されることでしょう。

・復縁工作の経過報告
専属担当相談員は着手前に必ず、担当メールによりごあいさつさせて頂きます。
「○○様のご依頼の担当になりました担当の○○相談員と申します。今後とも宜しくお願い致します。」この担当メールには、担当の連絡先(電話番号・メールアドレス)が添付されてまいりますので厳重に管理・保管してください。
調査・工作を行う前日には随時、「明日、調査・工作を行ないます。」という旨のご一報をご連絡させて頂きます。
そして、その日の調査・工作が終了した段階でお電話・メールにてその日の内に調査・工作内容をご連絡させて頂きます。また、調査・工作現場から写メールで画像を確認することや現地からリアルタイムで経過状況を報告することも可能です。
よりリアルに現場の進行状況を把握して頂くために随時のご報告を怠りません。また、工作の進行具合・途中経過を把握して頂き、担当相談員をはじめ、私たちと今後の展開をご一緒になって考えて頂きたいと思っております。
工作途中でも担当者とお会い頂きまして、調査中・工作中の映像を確認して頂くこと、今後の打ち合わせをされることをお勧め致します。
担当相談員と連絡を取り合って工作を勧めていく中で、ご依頼者様に対象者についての新しい情報などが入りましたら是非とも担当相談員にお知らせ下さい。新しい正確な情報をお互いが把握することで復縁工作の成功率を上げることが可能になるのです。
※尚、復縁工作においてはご依頼者様に復縁工作に参加して頂くことをお願いしております。
工作遂行上において、危険や支障のない範囲内でご対応させて頂いておりますのでご安心してご協力下さい。

※2.復縁工作員

復縁工作員とは、対象者(復縁したい相手・やり直したい相手)に接触し、きっかけから知り合いとなり、気持ちを確認して、ご依頼者様とお相手の関係を取り戻すことが要求されるお仕事を専門に行なう人たちです。
誰でも簡単にお相手の気持ちを聞き出せる訳ではありません。
共通の話題もなく、性格もわからない相手と接触してきっかけを作り関係を築くのです。
工作員は、会話の中でも無意識のうちに、そしてその場の空気や相手の表情から対象者の気持ちを察して話せる仲になることが求められます。
時と場合によっては、複数の工作員で接触したり、同性の工作員が先に接触することもあるのです。
お相手の方と共通の趣味や行動を行なうことも多いのです。
対象者の性格、人間性を知るため、警戒心を解くためにはこのような柔軟な考え方と人に好かれる性格であることが必要なのです。
人と人には相性があり、対象者と工作員の相性を知ることも重要なことです。工作員が対象者の様子や反応から工作途中でも工作員を変えて進めていくこともあるのです。
また、そのような場合にはご依頼者様の友人知人の設定で対象者に接触することでその後の工作の発展・進展にも繋がり、警戒心もなくなります。
復縁工作員はご依頼者様の「復縁したい」「より戻したい」という気持ちを忠実に捉えて工作任務を遂行してゆきます。
復縁工作員に求められるものは・・・
誰とでも仲良くなれて、巧みに話せる話術
相手の表情やその場の空気を読み、会話したり行動したりする
好感の持てる第一印象と好意を抱かれる容姿
物おじしない器量と度胸
成功させる強い意志
工作員としての実績とプライド
復縁工作員は、対象者の“心”に潜入して感情という駆け引きの中で気持ちを確認して復縁のきっかけを取り戻す恋愛工作のプロなのです。
「復縁したい」「より戻したい」という願いを叶えるために今日もどこかで愛のキューピットを演じているのです!

  • お問い合わせ
  • 復縁工作料金

↑PAGETOP