スマホ版サイトを見る
トップ > 復縁工作 > 復縁方法

復縁方法

復縁方法は人それぞれ違う

復縁イメージ

復縁する方法・復縁できる方法は、「別れ方」、「別れた状況」、「別れてしまいそうな状況」により様々です。
たくさんの人が存在して、色々な恋愛の形があるように、その復縁方法や復縁に必要な期間、復縁の難易度も千差万別です。

別れそうな場合

今現在の状態が続くと別れが訪れてしまう、もしくは別れてしまいそうな二人においては、原因の早期発見と早期解決が復縁のカギ握っています。
原因を自己分析し、直すべきところを直していくことが必要です。
そして、変わった相手に自分を知らせることが大事です。

別れてしまいそうな二人の復縁方法

まずは二人の恋愛において、別れに繋がりそうな原因を見つけて改善しなくてはなりません。
二人の恋愛生活において平凡過ぎてもマンネリを感じてしまいます。
マンネリ解消には「変化」を必要するのです。
苦労や逆境などのアクシデントを二人で乗り切ることで二人の絆が深まるのです。

ここで絶対に必要なのは、あくまでも二人で乗り切るという連帯感です。
普段と違う行動をしてみたり、一緒に何処かへ出かけてみたり、会う回数を減らしてみてもいいと思います。一緒にいる時ばかりが恋愛ではありません。
会えない時間や離れている時間が相手を思う気持ちとなり、相手のことを考える時間となって想いが募り、お互いの気持ちを強めるのです。

恋愛中でも相手との気持ちの「距離感」というものを常に計って向き合うことが大切です。
会い過ぎも会わなさ過ぎも良くはありません。丁度良い、程好いペースで愛を育むことが大切です。
決して相手のペースに全て合わせたり、自分のペースを押し付けてしまってはいけません。
恋愛は、あくまでも二人ですることです。独りよがりで自分勝手な恋愛は長続きしないのです。

仲直りする復縁方法

まだ別れていない以上、情があったり、決断できない理由もあるはずです。
この別れないでずるずるしている期間が長いほど相手も優柔不断であったりすることが多く、情に訴え掛けて別れを回避することもできます。
喧嘩をしたまま仲直りもせずに日にちが経つことでお互いに意地を張ってしまうことがあります。
意地の張り合いから謝ることもできず、連絡を取らないでいるようになると連絡を取らないでいること、会わないでいることに慣れてしまい、ますます溝は深まるばかりです。

時には自分から折れて素直に謝ってみたり、自分が悪くない場合でも相手が誤りやすい状況を作れるように普段から心掛けるようにするべきなのです。
恋愛中において喧嘩している時間ほど無駄な時間はありません。
しかし、より絆を深めることができる喧嘩ならする意味もあるでしょう。
好きだからこそしてしまう喧嘩と相性の合わない喧嘩がありますので早い段階で見極められるようにしましょう。

気になる人がいても復縁できる方法

相手が目移りしていたり、気になる人がいる場合や浮気されたり、その人の存在により別れてしまいそうな危機、別れてしまった状態であれば、自分自身の魅力の欠如も一つの原因と考えられます。
魅力を感じて恋愛したのに、恋愛が深まることで馴れ合いから魅力を感じなくなってしまうことがあるのです。
毎日会っていたり、ワンパターンな時間の過ごし方ばかりしていると身近に感じすぎて大切さや魅力を見失います。
「近過ぎて見えない」という状況を打破することで復縁に繋がるのです。
恋愛中においてヤキモチを妬かせることも必要だったりするのです。
自分が相手のことを気にしているように、相手に気にしてもらえることが大切です。気にさせる駆け引きが重要なのです。

一度別れてみてから復縁する方法

「どうしても仲直りできない・・・、修復できない・・・」このような場合、一度別れを受け入れてしまうことも復縁できる一つの方法です。
「別れたくない」と意地になっていても相手の気持ちはさらに冷めてしまいます。

このように強情になることで余計に嫌われてしまう状況であれば、一度別れを承諾してから連絡を取り続けたり、会ったりすることのできる関係を保っていた方が復縁する可能性は高いものです。
別れたくない感情から、間違った駆け引きをする人が多く見受けられます。
「死ぬ」、「あげた物全部返して」、「使ったお金返して」、「妊娠している(事実ではない場合)」、「中絶した責任取って」このような言葉で気持ちを繋ぎ止めておくことは出来ないでしょう。

復縁できる可能性を自ら無くそうとしている発言です。復縁を考えている相手なら絶対に言ってはいけません。
また二人きりで会うことに抵抗を感じていたり、空気が重くなってしまうようであれば、共通の友人・知人も交えたり、複数で会うことで良い関係や環境を作れると判断します。
一度別れて良い関係を再構築し、その中から恋愛へと発展させるのです。

別れた直後の場合

別れた直後の方は、別れても連絡を取り合える人と全く音信不通の人がいます。
別れても良い関係を保てるなら、未練を感じさせない接し方を続けていくことが復縁のキーポイントです。
音信不通の方は、原因究明と自己改革、連絡を取り合えるきっかけと悪いイメージの払拭など課題は多くなるでしょう。状況によって自分で出来る復縁方法をアドバイスいたします。

別れた後の復縁方法

復縁イメージ

別れた直後の二人も、連絡を取り合う人たちと全く連絡を取り合わない人たちがいます。
連絡を取り合える人は、世間話程度の会話からでも相手の気持ちを汲み取ることができるでしょうし、会ったりすることもできる仲の良い関係を築いていたほうが良いのです。

連絡を取り合っている関係から自然と求め合い、復縁する人は結果として多いのです。
また、別れたこと、新しい恋愛をしてみたことで元恋人の良さを認識して復縁する人も多いのです。
別れた未練から連絡を取りたがっていると思われてしまったらマイナスの印象を与えます。
復縁方法をここで間違えている人がとても多いのです。
よく別れ際に、「別れてからも連絡を取り合って、友達みたいにしよう」と言われるケースがありますが、
このような場合は復縁できる可能性は高いのですが、連絡を取り合う内に別れた現実を忘れたり、または相手を思う余りに、必要以上に連絡をしてしまい迷惑がられ、結局は音信不通になってしまうということがとても多く見受けられます。

やはり、気持ちがゼロからのスタート地点まで戻っていないからなのです。うまく関係を修復できたと思い込んで時期早々に復縁を迫って失敗してしまうケースも同じことが言えるのです。

一人では解決できない場合、弊社にご相談下さい

復縁は、自己改革・タイミング・きっかけが重要になります。
振った側の人というのは、いつまでも相手が自分の味方であり、好きでいてくれていると思いがちです。相手に復縁したいと思わせるためには、今でも好きと思われていない方が優位な展開が期待できるのです。そのように思われないためには連絡初期段階で、「もう諦めたよ」、「気になる人ができた」、「毎日充実している」などというように未練や執着心は無いことをキッパリと伝える必要があるのです。
まずは、自分の心境をうまく伝えることで相手の本心を聞き出せるのです。
そして下記の点に注意して復縁できるチャンスを待つのです。

  • 恋愛体質の改善
  • 未練を言葉にしたり、態度に出さない。
  • 恋愛感情で接しないように心掛ける。
  • 時間を掛けてでも確実な方法を取ること。
  • 焦ったり、諦めたりしないで気持ちを前向きにする。

相手と連絡取れない方や音信不通、着信拒否などの拒絶されている方、復縁の難易度が高いと判断される方は、復縁方法自体のアドバイスも難しく、簡単に説明できるわけでもございません。
また、間違った復縁方法や適していない復縁方法をアドバイスしても効果はおろか、マイナスに作用してしまう可能が高いので直接お会いしての復縁相談や電話・メールにて詳しくご相談させて頂いた上で最適な復縁方法をお伝えいたします。

自分では復縁までの道のりが険しく遠く感じている方は、「復縁工作」についてお問い合わせ下さい。復縁工作の場合、復縁したい相手の心境を読むことは復縁工作員が行ないます。その上でベストなタイミングを計り、復縁できるきっかけをつくり、復縁を実現させます。二人に合った二人だけ最適な復縁方法を見つけることができるはずです。
ミッションエージェントでは、真剣に復縁を考えている方、復縁方法を探している方に復縁を叶えるてもらえるように本気で応援いたします。ご一緒に復縁を望むための心構えと準備をして、気持ちが伝わるその日まで真剣に取り組んでいきます。

  • お問い合わせ
  • 復縁工作料金

↑PAGETOP