スマホ版サイトを見る
トップ > 出会い工作 > 告白をサポートします

好きになった人に告白する

好きな人に告白したい

出会いイメージ

最も積極的な方法として、好きになった人に告白して恋愛感情を直接伝えてみる方法があります。
告白をすることで、相手の自分に対する恋愛感情の有無をはっきり理解することができ、同時に自分の恋愛感情を最もストレートに相手に伝えることができます。

手が自分に対して特別な好意を持っている場合には、恋愛がスタートして恋人関係になる可能性が大きいですが、そうでなかった場合は失恋という心の傷を負ってしまいます。

告白する時期を見極める

相手に自分の存在や人間性を理解してもらえていない段階で告白してしまうと、実る恋も実りません。 時期尚早では、せっかくの芽を摘んでしまいます。
しかし、相手も一度告白されてから意識し始めて、好意を持つようになる可能性も否定はできません。

告白するタイミングも重要

好きになった人に告白する場合には、二人の関係における状況とタイミングがとても大切です。
相手と多くのコミュニケーションを取るようにして、相手の気持ちが自分に傾いている、あるいは傾きかけている瞬間が告白のタイミングと言えるでしょう。
告白して、自分の恋愛感情が相手に受け入れられなかった場合、自分の「好意」が相手に対する恨みの感情に変わり、相手に執拗に付きまとう行動にでてしまう人もいるのです。

自分の恋愛感情に対して相手が十分に応えてくれない場合、多くの場合が失恋という切ない感情を味わうことになります。
相手に対する特別な「好意」が相手を愛するものではなく、自分が相手を愛していると思い込むことで自分の内的な欲求を解消することが目的であった場合に多く見受けられます。
このような行為はストーカー行為であり、法律で厳しく罰せられます。
また、今後のチャンスも全て潰してしまう行為になりますので、絶対に避けなければいけません。

好きになった人に告白することは、恋愛における通過点のようなものであり、「O.K.」で交際がスタートしても決してそれがゴールではありません。
また、恋愛に発展しなかった場合でも、「はい、終了」ではないのです。
知り合った以上、関係を良好に保ち、「好きだ」をアピールし過ぎないで次に来るチャンスまでしっかり準備して待ちましょう。

告白する方法

出会いイメージ

告白する方法としては、会って伝えることを恥ずかしく思い、携帯メールで済ませてしまうこともあるようですが返信が来ない可能性もあり、微妙な気持ちの判断や表情が全く読めません。
会っているにも関わらず返信や返事がないという状況は精神的に辛いです。
やはり、直接面と向かって告白したほうが良いでしょう。

どのような告白をする場合でも、相手との気持ちの温度差や距離感を考えた告白方法を選ぶべきだと思われます。
どうしても好きな人に告白できないのであれば、弊社にご相談下さい。あなたの告白をサポートさせていただきます。

  • お問い合わせ
  • 出会い工作料金

↑PAGETOP