スマホ版サイトを見る
トップ > 離婚相談 > 熟年離婚

熟年離婚

離婚相談イメージ

熟年離婚とは、長年連れ添ってきた夫婦が、その結婚生活にピリオドを打って離婚することをいいます。
一般的には、20年以上連れ添った夫婦の離婚を熟年離婚と呼んでいます。
近年、日本の離婚件数は増加していますが、中でも熟年離婚件数は増え続けています。
今では、熟年離婚する夫婦の件数は年間4万件以上で、全離婚件数の20%を占めているそうです。
一時期、減少傾向にありましたが、それは2007年4月の年金分割制度開始を待っていたからではないかと言われ、これからまた熟年離婚件数が増加することが予想されます。
増加の原因の一つに、男性は家の事を全く何もしないで、家事や育児は女性がするのが当然と思っている人が多いことが挙げられます。
女性は年中無休で家事を頑張っているのに、男性は家でゴロゴロして妻を召使いのように何十年もこき使っていれば、熟年離婚を考える女性が増加してしまうのは当たり前のことではないでしょうか。
また、「思いやり」が足りないことも、熟年離婚の増加の原因の一つと言えるでしょう。
長く夫婦をしていると、いちいち口にしないでも空気を読むことができるようになります。 このようなことから言葉を交わさなくなって、相手に伝える感情も言葉に出さなくなります。 「好きだ、愛してる」はもってのほか、「ありがとう」や「お帰りなさい、ご苦労様」という感謝の言葉も交わさず、「おはよう、おやすみ」の日常会話すらなくなってしまう夫婦もいるのです。
気持ちというのは言葉にしなくては通じません
男性は、“言葉にしなくても理解し合えている”と思いがちですが、女性はそう感じていません。
女性はいつでも気にしてほしい、会話したい、恋をしていたいのが女性なのです。
この気持ちのズレこそが熟年離婚を生み出してしまうのです。

熟年離婚原因

20年以上連れ添った夫婦が、今になって熟年離婚する原因は一体何でしょうか?
元々夫婦は、仮面夫婦だったのでしょうか?家庭内別居のような状態だったのでしょうか?
熟年離婚の場合、離婚を切り出すのは、その多くが「妻」の方からなのです。
長い年月夫婦として連れ添ってきたけど、夫との日常生活に日々イライラや不満を募らせる。子供も大きく成長して独立し、いよいよ自分の自由な時間が過ごせるようになったとき、ふと自分の人生を振り返り、今後の人生を考えてみたとき、夫と二人きりの老後の生活・・・。
「自分の人生、このままでいいのか・・・」という思いが頭を過ぎります。
家庭に不満は無いけれど、長年の日常生活に自分の母親としての義務、妻としての義務を果たしたと感じてしまうのです。今後は、自分のためだけに生きたいと思うようになるのです。
今では女性の社会進出も珍しくも無く、女性一人でも頑張って働きながら自立出来るという社会環境が整いつつあります。周囲に熟年離婚して楽しそうに暮らしている人がいれば、自分も熟年離婚して気楽に生きたいと余計に思うのかもしれません。
女性には、多かれ少なかれ今まで「我慢をしながら家族を支えてきた」という被害者意識を持ち、自己中心的な考え方もあるのでしょう。また、自分の妻の苦労をねぎらう男性が減ってしまっていることもまた事実でしょう。
こうした夫婦の価値観のズレが、熟年離婚の大きな原因となっていると考えられます。
また、結婚前は気づかなかった見えない部分も夫婦として一緒に生活すると、毎日のことですから当然きになります。結婚前には知る由もなかったことが日常になります。
実はマザコンだったり、ギャンブルが好き、酒乱だったり、浪費家だったり・・・。
この状況を長い期間我慢したり、耐えていたりすれば限界を向かえてしまうこともあるでしょう。
結婚をするということは、まるで別環境の中で育った二人が共に暮らしていくわけですから、ある意味気に入らないことがあるのも当然ですし、ぶつかり合うのも当然と言えば当然でしょう。
しかもそのまま長く一緒に暮らしていくわけですから、時には離婚を考えるということも考えようによっては自然なのかもしれません。つまり、熟年離婚の理由には、もちろん、価値観の違いや、暴力、不倫…といった夫や妻への不満もありますが、こうした男女の価値観の違いが、大きく影響していると言えるでしょう。
熟年離婚を考えている方は、まずは離婚後の生活を想像してみて、自分自身を冷静に分析することが必要です。

熟年離婚したい

夫婦の修復を試みたけれど、「どうしても熟年離婚したい」、「新たな人生をやり直したい」・・・そう思っているのなら、しっかりと離婚準備をしなくてはいけません。
ただ感情的に離婚を切り出すことは絶対に避けるべきでしょう。
熟年離婚は大半が長年の細かい不満の積み重ねです。
本当に熟年離婚をしたい人は、綿密な熟年離婚準備をしているものです。

  • 自分名義の貯蓄、貯金があるか?
  • 身内に離婚を応援して自分の味方してくれる人がいるか?
  • 生活費はもらえるか?
  • 慰謝料を確実にもらえるだけの証拠固めができているか?
  • 離婚後、生活していける経済力をもてるか?
  • 離婚後の住む場所は決まっているか?
  • 実家に戻ることができるか?
  • 仕事、就職先は見つかったか?

熟年離婚をするには、色々な準備が必要です。
離婚の準備として、身内の理解を得ておくことは重要です。実家に住む、あるいは子供の面倒をみてもらえる、預かってもらえるなど、離婚後の生活を自分の身内に応援してもらえるのともらえないのでは、生活のゆとりや安心感に差があります。離婚の準備では、生活するための住む家の確保も重要です。実家に住む場合は良いですが、アパートやマンションを借りるとなれば、敷金・礼金が必要です。
やはり重要なのが、離婚成立までの生活費になります。相手が離婚成立まで生活費をきちんと渡してくれるのか?もちろんですが、婚姻費用は婚姻関係上は発生しますので貰える権利があります。
状況によっては、仕事に就くことも必要です。実家にお世話になるといっても収入が全くない状態では、実家の理解も長続きしません。現在仕事をしてない人は、離婚前に資格を取る、仕事先を探すなど、容易に就職できるようにする準備をしましょう。求職活動が即できる人は早めにした方がいいでしょう。また、子供のいる場合は、求職に際して子供の預け先も検討する必要があります。
財産分与の為に、婚姻期間中に築いた財産を、徹底的に調べて把握する必要がります。
なぜなら、婚姻期間中の財産の半分は妻に権利がありますので、夫名義の財産であっても、財産分与の対象となるからです。
また、離婚成立まで絶対に別居しないで下さい。
なぜなら、別居してしまうと、調停や裁判で不利になってしまう可能性があります。
更に、家賃などで生活費を圧迫してしまいますので、身体的危険がない限りは家を出ることは避けるようにして下さい。
相手の不貞行為が原因なら、浮気の証拠を確保することも考えなければなりません。
きちんと不貞の証拠を押さえて有利に離婚した方が良いのです。
熟年離婚して幸せになる為には、心の準備が必要です。
すぐに他の男性や実家、子供に頼るのではなく、自分自身の力で行き抜いていく覚悟が必要なのです。 離婚後の生活に不安を抱き、自分に自信が無いまま、誰かに頼って結婚生活から逃げ出しても、幸せは訪れません。もし本当に熟年離婚をしようと考えておられるならば、一人で生き抜いていく覚悟があるかどうかを、もう一度自分自身に問い直してから熟年離婚の準備をして下さい。

探偵社ミッションエージェントでは、数多くの離婚相談を受けてきた経験、離婚問題を解決してきた実績から、適切なアドバイスをすることが可能です。
電話、メールでお気軽にご相談下さい。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP