スマホ版サイトを見る
トップ > 離婚相談 > 離婚方法 離婚の仕方

離婚方法 離婚の仕方

離婚の方法とは?

夫婦としての関係を続けていくことが出来ない、離婚するしか道が無いと決断した場合には、離婚に向けて準備をする必要があります。

まずは、離婚することに対しての賛否を相手に確認しなければなりません。
離婚することに賛成の場合には、協議の上でスムーズに離婚することが可能となるでしょう。
しかし、相手が離婚に反対していたり、離婚に応じない場合には離婚することが困難になります。

相手には離婚理由が無いなら

離婚相談イメージ

相手や状況によっては「離婚してほしい」とどうしても告げられない場合もあるものです。
「離婚したい」とは、自分からは言い出しづらく、後ろめたさを感じます。また、相手には悪いところが無く、自分に離婚理由があることも多いのです。
そのような時、「離婚したい」という旨を伝えないで、離婚の準備をした方がスムーズに離婚できる場合があります。

離婚したいことを相手が知ってしまえば、その後の生活はさらに重苦しい状況が予想できます。
離婚したい意志に気付いていなければ、そのまま伝えずに離婚の準備をして、気付かれないように進めた方が良いでしょう。
もちろん態度にも出してはいけません。
離婚原因や離婚理由が無いのに離婚準備をしていると、夫婦協力義務違反として受け取られ、余計な慰謝料を請求される可能性があります。
また、相手が「絶対に離婚しない」と強く意地を張ってしまう可能性も高いのです。

離婚のきっかけは自分で作り出す

「きっかけが無い、タイミングが悪い」と言って離婚を先延ばしにしていても、離婚するきっかけやタイミングは待っていてもなかなか訪れません。
その場合は離婚できる環境を作るしかないのです。
離婚してしまうきっかけがあれば、結婚している夫婦でも時として別々の人生を選ぶことになります。
結婚生活を続けていけない場合には、別れさせ屋工作により、その原因や理由をつくることが出来るのです。
「どうしても離婚したい・・・離婚できる方法、離婚の仕方を知りたい」このように考える方は大変多く、この“離婚できるきっかけ”を、夫婦二人の中から自然な形で演出する別れさせ屋工作を利用する人も少なくありません。

例え結婚している夫婦でも、男性であり、女性である以上、配偶者以外の異性と恋愛をする可能性は充分にあります。
配偶者に対して別の恋愛をさせたり、恋愛感情を抱かせることで夫婦仲に変化をつくるのです。
工作員と呼ばれる異性がその恋愛をつくり、夫婦の日常に変化をつくり、離婚できるきっかけと環境を作り出すのです。

結婚している夫婦は、少なからずは周囲に祝福されて結婚しているはずです。
離婚する時には二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために身内が離婚を認めないケースも多いのです。
その為にも周囲の人には“離婚に至った経緯”を知って頂く必要があるのです。
周囲の理解を得ることが出来れば、夫婦不仲→離婚という結果になることも考えられます。

上記方法は、別れさせ屋工作を利用した場合の「離婚方法」です。
夫婦間に解決できない不満や悩みがあり、離婚したいけど離婚できる理由のない場合などに用いられています。
この離婚方法は対象者となる配偶者の性格・環境によって異なります。
別れさせ屋工作を利用することを考える場合には、絶対的にその必要性を感じた時、離婚することで今の状況より良い環境をつくれると判断できる時にしましょう。

探偵社ミッションエージェントでは、数多くの離婚相談を受けてきた経験、離婚問題を解決してきた実績から、適切なアドバイスをすることが可能です。
電話、メールでお気軽にご相談下さい。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP