スマホ版サイトを見る

探偵のお仕事ブログ

二股関係を解消したい・彼女の正体|別れさせ屋工作②

依頼人杉山さんは、彼の二股に悩んでいた。

どちらが本命なのだろうかと考えると眠れなくなってしまう。

同窓会の前に自分の印象を変えようと思って、思い切ったイメージチェンジを

行なった。

派手なメイクにして、華やかな服装を着るようにしてみた。

しかし内面を変える事は、なかなか難しい。

元々内公的で地味な性格の杉山さんは、悩むとマイナス思考になりがちである。

もちろん彼を問い詰めるほどの勇気もない。

学生時代に学年一の人気があった彼を失いたくないという気持ちが強い。

私が我慢すればいい。

黙って知らないふりをしていれば、この関係は続くと思っている。

でも、我慢の限界が来ていた。

寝不足から肌は荒れ、胃が痛い日が続いた。

彼に嫌われたくないので、顔色を伺うような接し方を続けてしまった。(後で

担当員さんから改善するように言われた。)

さて、まず「あき」という女性を判明させなければならない。

仕事帰りの彼の行動を追って、女性との接点を探る事となった。

彼の名は竹内こうた(仮名・29才・某広告代理店勤務)。

定時は18時だが毎日2時間は残業をしていた。

杉山さんから、毎週水曜日の彼の様子がおかしいという

情報を元に調査スケジュールを組むこととなった。

そしてとある水曜日・・。

18:00竹内氏勤務先付近にて張り込み開始。

18:16竹内氏が勤務先を出てくる。毎週水曜日はNO残業デーのようで

全ての社員が勤務先から出てくる。

18:31竹内氏は最寄り駅には向かわず、とある洋食屋の前に立ち

あたりキョロキョロと見回している。

18:35若い女性が竹内氏に接触してくる。

竹内氏と女性は洋食屋に入っていく。

調査員も洋食屋に入る。

女性は甘えるような口調で、竹内氏と話している。

会話の中にまたディズニーランドに行きたいという言葉が出てきた。

そして竹内氏は女性のことをあきちゃんと呼んでいることから

対象女性であると推察できる。

19:50二人は洋食屋を出る。

洋食屋前でタクシーに乗車。

20:12渋谷でタクシーを降りる。

20:17コンビニで飲み物を何点か購入する。

20:21コンビニの裏手にあるラブホテルに二人は入っていく。

23:10二人がラブホテルより出てきて渋谷駅方向へ歩いていく。

渋谷駅で二人は別れる。

女性を追尾することとする。

女性は渋谷から地下鉄に乗り、某駅にて下車。

そこから徒歩で進む。

23:38自宅と思われる一軒家に女性が入っていく。

表札には「大島」(仮名)と書かれている。

その後の調査で対象女性は大島あき(仮名)という名前で

都内の印刷会社に勤務している25才と判明した。

自宅は両親と弟と同居で、猫を二匹飼っている。

朝7時半ごろに家を出て、8時10分には勤務先に入っている。

そして昼食は同僚女性たちと勤務先近くのカフェなどで済ませ

夕方18時半ごろに勤務先を出てくる。

彼と会っているのは週に1回水曜日のみで、遠くにデートに行くときは

杉山さんとの約束を断って土日に会っていた。

担当員は杉山さんに状況を伝えると、落胆した様子であったが

事実がわかってスッキリしましたと切り替えた様子だった。

早速、工作員の選定に入る。

次回、二股関係を解消したい|別れさせ屋工作③へ・・続く。

↑PAGETOP