スマホ版サイトを見る
トップ > 浮気調査 > 浮気防止方法

浮気防止方法

結婚して何年かが過ぎると、夫と妻は男と女というよりも家族のような存在になってしまいます。
そこに夫が浮気に走ってしまうきっかけや原因があるのです。
浮気調査イメージ 結婚後何年も経つと結婚当初は当たり前だったことが、少しずつ少しずつ気付かないうちにどんどん失われていっている場合が多いのです。
日常のマンネリ化、子ども中心の生活態度、それがきっかけで、仮面夫婦、家庭内別居、セックスレス、浮気、不倫、離婚という問題になるパターンのようです。
結婚相手に浮気されたくないなら、とにかくお互いがお互いを気にする存在であり続けなくてはなりません。夫婦と言えど男女である以上、「男」と「女」を意識させることも必要なことです。そのための努力も必要なのです。
夫が残業や接待、または会社の飲み会等でどんなに遅くなっても、部屋の灯りを灯して待っていてあげるようにしないといけません。寝静まりかえって家の中が真っ暗というのはいけません。遅くなるから寝てていいよ、と言われたとしても、起きて待つことが大事なのです。
子どもが学校に行っていると、朝が早い。だから夫に付き合って遅くまで起きていられない、というのも理由になりません。
また、妻が家にいてくれるから、子供も元気に育ち、自分の身の回りのことも心配ないのです。仕事の後、家に着いた時に家の灯りにどれだけ心が和むか、あったかい気持ちになれるか、待っていてくれる家族や妻がいることで安堵を覚えることができるのです。
ドアを開けると笑顔で「お帰りなさい。」と温かく迎えてあげて世話を焼いてあげるのです。
決して、「どこほっつき歩いてんのよ?! 何時だと思っているの?!」などと言ってはいけません。
些細なケンカのときも「勝手にすれば」、「好きにしていいよ」という投げやりな言葉は使ってはいけません。家庭ではまず先に子ども優先に考えがちですが「夫の存在」や「妻の存在」を忘れないでください。
夫婦お互いの愛情で浮気は防止できるのです。
ほどよい距離をキープして、日々愛情を伝え続けること。
ありきたりの答えではあるけれど、愛を育てるのは、スキンシップと思いやりのある言葉。
長く一緒にいると、緊張感を保つのは難しいけれどお互いに刺激を与え合えるといい関係が続くのかもしれません。 夫婦円満の秘訣が浮気防止になるのです。

浮気防止対策

浮気相手と二度と交際しないようにするためには、念書に署名捺印してもらいます。念書に署名捺印する人は改心していますので、今後、浮気をすることは、あまり考えられません。
浮気相手は、慰謝料を請求された件で色々と話し合っており、職場、家族に面倒をかけることになるとわかっていますので、大人しくなるのです。
しかし、状況を体裁よく見せかけるためだけに反省しているフリをして念書に記入し、隠れて連絡を取り合ったり、密会を続けることもありますのでしばらくの間は注意が必要になります。
また、再度浮気が続く可能性がある場合には、予め念書に浮気の継続が確認された場合には、さらに慰謝料を請求するという旨を書き加えておくと良いでしょう。

  • お問い合わせ
  • 浮気調査料金

↑PAGETOP