スマホ版サイトを見る
トップ > 浮気調査 > 浮気の慰謝料

浮気の慰謝料

浮気の慰謝料請求方法

浮気調査イメージ

浮気相手に対して慰謝料を請求する場合には、不法行為による「慰謝料請求事件」として、地方裁判所に提起します。
浮気相手に直接内容証明を送り、慰謝料を請求する方や、調停制度を利用する方もいますが、この方法には強制力は無く薦められません。
裁判では、被告側の浮気相手が原告の請求原因を否定して争う場合と事実を認めた上で和解を申し出る場合もありますが、最初から被告側「浮気相手」の和解を予想することは避けるべきで、被告となった「浮気相手」は、徹底して事実を否認することが多く、否認する被告に対しては絶対に逃れる事のできない浮気の証拠を示す必要があり、明確な証拠も無く浮気相手を訴える事は危険です。

不法行為に基づく慰謝料請求訴訟では、訴える側にその立証責任があり不貞行為の証拠「性行為の存在の確認又は推認できる証拠」や、愛人の不法行為により、婚姻関係が破綻して精神的な苦痛を受けたとして、相当額の慰謝料を請求します。
但し、訴えられる側も事実を素直に認めることはないので、不貞行為を立証する証拠が必要になります。
浮気の慰謝料を請求する場合には、確たる浮気の証拠を必要とするのです。

浮気慰謝料の金額

浮気の慰謝料を請求する場合、悩むのが慰謝料の金額です。

浮気慰謝料の金額を決める要素

  • 浮気交際開始のきっかけ(どちらが誘ったかなど)
  • その頻度や期間
  • 当事者の婚姻期間
  • 配偶者がどれくらい精神的苦痛を受けたか?(妊娠中など、又はそれが原因でうつ病などになった)
  • 浮気が、どれくらい婚姻破綻の原因になっているか?(有責度)
  • 支払う側にどれくらい支払い能力があるか
  • 配偶者側の生活能力(例えば専業主婦であること、年齢など。)

離婚する、しないに関わらず慰謝料を請求することが可能です。
浮気の慰謝料は、あなたの精神的苦痛に対して、相手が支払うものですので、基準というものはありません。
浮気相手が支払えない途方もなく高額な金額は、相手に支払能力がないので意味がありません。
相手が支払える金額であなたが納得することのできる金額の範囲内で決めていきます。
一般的に浮気による慰謝料請求金額は、
浮気が原因で夫婦が離婚に至らない場合、30〜200万円程度の範囲内が相場となります。
浮気が原因で夫婦を離婚に至らせた場合、200〜500万円程度の範囲内が相場となります。

あまりに高額な金額を請求すると、裁判すると高額な浮気慰謝料を認められにくい、また「高すぎて支払えない」と言って、開き直ってくるケースもありますので妥当な金額を判断します。
但し、最初はある程度高めに設定しておき、交渉の段階で下げていくことも戦略上有効です。

  • お問い合わせ
  • 浮気調査料金

↑PAGETOP