スマホ版サイトを見る
トップ > 浮気調査 > 夫 旦那の浮気調査

夫 旦那の浮気調査

夫が浮気している

浮気調査イメージ

「旦那の浮気…」心から信じて生活を共にしてきた夫に裏切られることほど、辛く悲しいことはありません。
「まさか、うちの旦那が浮気するなんて・・・」
夫の浮気の事実に直面すれば、愛情ではない複雑な感情が込み上げてくるでしょう。
「結婚生活は偽りだったのか?」「もう愛情は無くなったのか?」

冷静な対応が必要

夫が浮気をした事実は言い訳できることではありませんが、冷静さを失い、怒りの感情に任せて、夫を罵倒したり、詰め寄ったりしてはいけません。
今、必要なのは、夫の素性と気持ちを的確に把握して今後の対策を考えることが必要になります。 「旦那は、離婚したいとまで考えているのか?」
「旦那は、浮気なのか?それとも本気なのか?」
間違った対応をしてしまうと、夫の気持ちは余計に離れていってしまいます。
まずは、夫の本心を知ることが重要ですが、浮気の証拠も無いまま問い詰めても感情的な話し合いしかできないのです。
夫の真実を確認してみる必要があるのです。何も無ければ安心を確認できることになります。

「離婚したいとまで考えているのか?」
「浮気なのか?それとも本気なのか?」
間違った対応をしてしまうと、奥様の気持ちは余計に離れていってしまいます。
まずは、本心を知ることが重要ですが、浮気の証拠も無いまま問い詰めても、感情的な話し合いしかできないのです。

浮気調査イメージ

もし夫が浮気していた場合、夫の浮気証拠を確実に押さえてから話し合うべきだと判断します。
浮気がばれているのに怒られないでいる方が、浮気した夫としては怖いもので、素直な気持ちを白状するものです。
妻として冷静でいることが難しいと思いますが、絶対に感情的にならずに冷静さを保って夫の浮気に対処することが一番良い方法なのです。

不安で眠れなかったり、問い詰めてケンカばかりしているより、真実を見つめて前向きに対処するべき です。
「いつ何処で何をしているのか?」、「誰と会っているのか?」「どんな相手なのか?」
調査をした結果、何事もなければ愛を確かめたと思えば良いのではないでしょうか?
一日も早く平穏な生活と気持ちを取り戻すために、解決に向けて一日も早く調査することをお勧めます。

夫の浮気調査

「もしかして旦那が浮気しているかも・・・」そう感じたり、行動が怪しいと思ったことはありますか?

  • 携帯を手放さず、常にロックしている
  • 夜、携帯に電話してみると留守電ばかり
  • 急に携帯の料金が増えた
  • 出張などで外泊することが多い
  • 急に残業が増えて帰りが遅い
  • 休日なのに仕事と言って出掛ける
  • 夫婦喧嘩が多くなった。怒りっぽい
  • 服装を気にする、香水をつけ始めた
  • 夜の夫婦生活を拒む

あなたの大切な夫が浮気をしていたら、あなただったらどう対処出来ますか?
「まさかうちの旦那に限って…!?」という考え方は間違いです。
あなたの大切な夫も男性であるのですから可能性はあるのです。
普段の日常生活の中でいつ起こってもおかしくはない問題であり、悩みなのです。
「うちの旦那に限って浮気は絶対あり得ない!」そう思う人もいると思います。

男性は仕事の付き合いで女性と出会う機会が多い

男性は会社の付き合いを含めて女性と接点を持つ機会は普段から多いものです。
取引先や同僚、部下などに誘われてあちこち飲みに行ったり、友達の企画するパーティーや合コンなど多くの女性と知り合います。
連絡先を気軽に交換することで、連絡を取り合い、お互いを異性として意識し始めて関係が始まってしまうことになります。
このような夫の環境から考えると浮気心があって自ら積極的に浮気しようとしているとしか考えられません。

男性の浮気傾向で調査方法も変わる

男性は、仕事が出来て、順調で家庭もうまくいっている人が浮気に走る傾向が強いです。
全てをバランスよくこなせる遊び人タイプと、浮気相手にまっしぐらに突っ走る一途なタイプがいるのです。
遊び人タイプは、恋愛経験が豊富なので浮気もうまくごまかしますので浮気調査が難しい場合もあります。
浮気の兆候すら、あまりみせない人が多いようです。

しかし、恋愛経験の少ない一途タイプの人は、完全に周りが見えなくなってしまいます。
このタイプの人が浮気調査の対象者となるケースがかなり目立ちます。
浮気していることも妻にすぐばれたり、自分からばらしてしまったりする人もいるのです。
間違いなく真面目なタイプの人なのですが、周囲の空気が読めないことと、仕事・家庭・浮気のバランスが取れないで結局は浮気が本気になり大問題に発展するタイプなのです。

「浮気は男の甲斐性」なんてよく言いましたが、浮気してそれが本気となり、家を出て行ってしまったり、連絡が全くとれなくなってしまったりすれば、妻の生活さえ脅かされてしまいます。
このような離婚問題に発展してしまう前にその芽を摘み取るべきです。
まずは、自分の夫の浮気の証拠を押さえて、その後に浮気相手を特定する調査を行ないます。

  • 浮気相手の女性を特定して、慰謝料請求したい
  • 浮気の証拠を押さえて、有利な離婚に向けて準備をしたい
  • 証拠だけは確保しておきたい
  • 夫の浮気、不倫を解消したい

浮気の証拠は重要

離婚するしないにしても、慰謝料請求するしないにしても確実な「夫の浮気証拠」を押さえる必要があるのです。
慰謝料請求権の時効は、不法行為による損害賠償権の消滅時効は3年で、浮気の事実を知ってから3年間、慰謝料を請求しない場合には請求権は時効により消滅します。
調停や裁判などで争う場合でも、「夫の浮気証拠」は必要になり、この証拠が明暗を分けます。

また、女性は恋愛に依存する傾向が強く、浮気や不倫の場合でも女性側の方がその恋愛にのめり込んでいることが多いです。
女性は本気でも、男性は遊びというケースが目立ちます。
また、妻の浮気を許せる夫は非常に少ないと思われます。
自分の妻の浮気は絶対に許せないが、浮気相手はもっと許せない!と考えるのが通常です。

また、浮気が発覚して素直に不貞行為を認めていたのに、いざ裁判となれば否定してくる人も多いのです。
親権争いなどの場合は不利になることを夫は認めずに否定します。このようなことを防ぐためにも確たる「夫の浮気証拠」を押さえる必要性は高いと言えます。
浮気証拠は、夫の浮気調査後に「調査報告書」として裁判でも十分な証拠資料として認められるものをご提出させて頂きますのでご安心下さい。

夫の浮気調査後

浮気が原因で離婚をするケースがとても多くなってきています。
離婚理由で一番多いのは「性格の不一致」とされ、二番目が「浮気による不貞行為」なのです。
この「性格の不一致」の中にも、実は浮気が原因で不仲になってから「性格が合わない」と言い出している夫婦は多いと思われます。
信じて共に暮らしてきた夫に裏切られてしまえば、離婚を考えてしまうのは夫婦として当然かもしれません。
夫の浮気調査後、浮気が発覚した場合に取る妻の行動としては、2つのパターンに分かれます。

許すか、許さないか

まずは、夫の浮気を絶対に許さない場合です。浮気=離婚に発展する場合です。
この場合には、浮気相手と夫に対して慰謝料と謝罪を請求することができます。
夫の浮気を許さないなら、きちんと取り決めることを取り決めた上で離婚した方が良いのです。

もう一方は、浮気=許す、という場合です。
本気か?遊びか?で分かれるのかもしれませんが、裏切られたショックよりも愛情が勝れば、離婚を決断することはできません。許してあげるしかないのです。

安易に浮気を許してはいけない

しかし、許してあげることで何度も浮気を繰り返す人がいます。
何度も辛い思いをしないようにするなら「誓約書」や「念書」を書かせる場合もありますが、書かせることで夫の気持ちが冷めてしまう場合もありますので、夫の性格や夫婦関係によって考えた方が良いでしょう。
浮気相手に対しての慰謝料請求も同様のことが言えると思いますので注意してください。

家族の支えが必要

浮気している二人がその関係を解消しようとする時、その夫はとてもナーバスになると予想されます。
男性の場合、恋愛に対する情が強い傾向にあるので、浮気相手に対しても情をかけてしまい気持ちが浮気相手の女性から完全に離れるまでに時間を要します。
夫が一日も早く浮気相手を吹っ切って元気を取り戻すには、家族やパートナーの支えを必要とします。
本来の夫の姿まで、元の家庭環境に戻るまでに時間が掛かる場合もあります。また、妻の立場から浮気していたことを批判したり、そのことを詰め寄ってはいけません。
家庭の温かさ、家族の大切さ、妻の大切さを理解できるように温かく接してあげるように心掛けて下さい。

浮気調査後の対応

夫の浮気調査後、どの様に対処しているかアドバイスを含めてお伝えします。

  1. 浮気の疑いが確信に変わった時、夫に対して浮気(遊び)なのか本気なのか確かめる
  2. 浮気(遊び)であれば、二度としない事を約束する
  3. 二度目だったり本気であれば納得するまでお互いで話し合う
  4. どうしても感情的になってしまう場合は第三者(友人・知人・親・兄弟)に話合いの場に参加してもらい協力を得る
  5. 浮気相手と会って話したり、交渉したりする
  6. 法的措置を取る
  7. 別れさせ屋工作を行なう

浮気は当事者の夫にとってはドラマのようなラブロマンスです。
一度燃え上がるとなかなかその火は消えません。
他人から何を言われようとおかまいなしです。周りの人の意見や自分達の立場や状況さえ見えなくなるものです。
浮気がばれても開き直る人も多いのです。
友人・知人・親・兄弟・家族に「やめろ!」と言われても益々盛り上がってしまう人もいます。

この様に浮気の絶頂期には何を言っても期待出来ません。
このような場合には、浮気相手に別れさせ屋工作を仕掛けます。お互いが夢中になってお互いを追い掛けている場合には独身者に別れさせ屋工作を仕掛ける方が効果的です。
今は浮気相手に気持ちが向いているのですが、工作の中で浮気している二人が不安になったり、浮気相手を信用できなくなるように仕向けるのです。
浮気相手との恋愛に迷いが生じるように別れさせ屋工作を行なう必要があるのです。

少なからず既婚者と浮気している独身者は、浮気に対しての後ろめたさや不安はあるものです。
新しい恋愛をすることで、後ろめたさや不安のある浮気をやめられる、忘れられると考える人も多く、好きな人を見つけることが出来たら、すぐにでも新しい恋愛に乗り換えて浮気を解消する人もいるのです。
この「新しい恋愛」、「好きな人」を別れさせ屋工作で演出するのです。

別れさせ屋工作

  • お問い合わせ
  • 浮気調査料金

↑PAGETOP