スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩みを解消 > W不倫(ダブル不倫)の悩み解消

W不倫(ダブル不倫)の悩み解消

W不倫問題は複雑になりがち

不倫の悩みイメージ

W不倫とは、一般的には、既婚者同士の不倫関係を意味します。
W不倫の場合は、既婚者と独身者の不倫よりも、双方に家庭があり、肉親や身内などの家族関係者が増えるので問題は複雑で大きくなりがちです。

不倫発覚後、双方の夫婦が離婚しない場合には、被害者である配偶者から不倫の相手方に慰謝料を請求しても、この慰謝料が双方同じ程度の金額であれば二つの夫婦間において、お互いに請求して、お互いに請求される関係なので相殺する形を取り、どちらの夫婦も慰謝料は請求しないことで話し合うことがあります。
片方、または双方の夫婦が離婚する場合には、夫婦の間でも、不倫相手に対する慰謝料の請求が発生する場合がほとんどです。

W不倫からの結婚には相当な覚悟が必要

W不倫している者同士が、お互いに家庭や家族を犠牲にして離婚を決意し、結婚に踏み切ろうとする場合には相当の覚悟が必要になります。
「家庭を犠牲にしてでも離婚して、一緒になりたい」片方がこのように思っていても、もう一方は「このW不倫関係がバレないように続けたい、バレても離婚はしたくない・・・」という場合があります。
不倫と家庭を両立できている人は絶対に後者の意見です。
色々な不倫の状況があると思いますが、不倫しているけど家庭は壊したくない、家族は失えないという人が多いのです。

離婚の判断は冷静に

言葉では「お互い離婚して一緒になりたいね」と言っても、本心まではわかりません。
自分だけが熱くなっていないか、お互いの気持ちを確認して温度差が生じてないか、意思の疎通はできているのかを判断して離婚に踏み切るようにしましょう。
本来は不倫している事実を知られないうちに、夫婦でお互いが話し合って協議離婚して、その後に結ばれたという状況をつくった方が良いのです。

W不倫問題を解決するために

このようにW不倫の場合、共に配偶者や家族の存在がありますので、W不倫が発覚したときの問題や悩みは大きくなることが予想されます。
また、状況と相手方によっては、W不倫された側として不倫相手の配偶者に事情を話して協力してもらいます。
不倫相手の配偶者も困るでしょうから協力してくれるはずです。
相手の配偶者などに協力してもらうことで不倫の再発を予防できる場合もあります。

しかし、不倫相手方の夫婦が不倫の事実を知らないでいたり、知ったことにより離婚を決断すれば問題はさらに複雑化することも考えられるのです。
不倫相手の夫婦が離婚を決意することで慰謝料を請求されたり、不倫相手が離婚するわけですから、自分の配偶者も離婚を望んでくる可能性が高くなります。
ますます問題が大きくなってしまうこともあるのです。

この様なときに、あなたの悩みを解消するのが、別れさせ屋工作というサ−ビスです。 不倫関係を当事者二人の間から解消させて、元の暮らしを取り戻せるようにお取り組みします。 この不倫解消方法は、相手に知られることなく、合法的に不倫解消できると共に、あなたが依頼した事実が発覚することはありません。 不倫している当事者に別れるきっかけ・原因を作り出し、事を粗立てずに自然な恋愛の中で消滅させてゆくのです。 「別れたくない」、「離婚したくない」という思いから、ご自身の言動や行動で事態が深刻化してしまう恐れがある場合は弊社の別れさせ屋工作にお任せ下さい。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP