スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩みを解消 > 不倫の慰謝料

不倫の慰謝料

不倫慰謝料請求

不倫の慰謝料は、不貞行為によって受けた精神的、肉体的な辛さ・苦痛を金銭という形で償うための損害賠償請求金額をいいます。
まずは、不貞行為を行なった人物を明らかにして、慰謝料を支払う側と貰う側の立場をはっきりさせること、どちらに責任が重いのかが重要になります。
慰謝料は必ず貰えるものではありませんし、必ず支払わなければいけないものでもないのです。

慰謝料の請求には期限がある

不倫の悩みイメージ

慰謝料の請求可能期間は損害を受けた、及び原因が判明した時から3年間です。
例えば、離婚の原因が不貞行為の場合、不倫の事実とその不倫相手との関係を知った時点から3年以内であれば慰謝料請求することができます。

配偶者の不倫によって離婚を決意した場合、不倫相手から慰謝料を払ってもらいたいと考える人がほとんどです。
もちろんですが、不倫相手に慰謝料を請求することができます。
不倫とは、配偶者一人で行なえる不法行為ではなく、不倫相手がいることで成り立つ不法行為になります。
不貞行為を行なった不倫関係にある二人は共犯であり、配偶者も不倫相手も同罪ですから、同じ法的責任を負うことになるのです。
これを法律的に共同不法行為と言います。

しかし、不倫相手に離婚の慰謝料請求をしたとしても、配偶者が不倫相手をかばって、全額200万円を支払うと言ってきた場合には、それを拒否することはできないのです。
不貞行為を犯した二人は、同罪であり共同責任であると考えるため、一方に請求された金額をどちらが払っても構わないのです。
不倫相手のみ許せないと考えても、不倫相手だけに慰謝料を請求して償わせることは出来ないのです。

不倫の慰謝料請求をするために確認するべきこと

不倫の慰謝料請求をするためには、次のことを確認してから請求します。

  1. 配偶者が、他の異性と肉体関係にある
  2. 相手方は、既婚者と知っていて不倫した(故意・過失)
  3. 夫婦関係が破綻していないこと
  4. 不倫の事実確認から3年以内に請求すること(消滅時効)
  5. 精神的苦痛を金額に換算します(慰謝料額)

1.不貞行為(肉体関係)がある

不倫の慰謝料請求をするためには、配偶者に異性との肉体関係があることが必要です。
デートしている、食事をしている、メールしている、電話をしているという関係だけでは、慰謝料請求が認められません。

2.不倫相手が既婚者と知っていて不倫した(故意・過失)

不法行為に基づく損害賠償請求には、故意または過失が必要ですので、相手が既婚者と認識していて不倫をしていた状況が必要です。

3.夫婦関係(婚姻関係)が破綻していない

判例(裁判例)では、婚姻関係がすでに破綻していた場合に、不倫(不貞行為)の慰謝料請求を認めていません。

4.不倫の事実確認から3年以内である

不法行為の消滅時効は、不法行為の損害および相手(加害者)を知ったときから3年です。
不法行為の損害および相手(加害者)を知らなければ、3年の消滅時効にはかかりませんが、不法行為の損害および相手(加害者)を知らなくても、不法行為の時から20年経過すれば、消滅時効にかかります。

5.慰謝料額

人それぞれ、精神的苦痛の度合いや肉体的苦痛の度合いも様々ですが、慰謝料額を決めるときには、過去の判例に照らし合わせ、慰謝料金額を決定します。
請求に対して減額されることを予め想定し、金額を多めに請求することが一般的です。 慰謝料額は300万〜500万くらいが一般的です。
不貞行為や暴力など、損害の大きさによってや、離婚するかしないかによっても慰謝料金額は違ってくるでしょう。
また、不倫期間や頻度、婚姻期間によっても違い、50万円くらいの場合もあれば500万以上になるケースもあります。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP