スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩みを解消 > 不倫調査

不倫調査

愛人・不倫相手を調査したい

不倫に関する確実な物的証拠は、探偵事務所に依頼しないと入手困難な場合が多いです。
不倫調査の場合、まず不倫しているのか真実を確認する必要があります。
「不倫をされている」疑いがある、もしくはそう確信したとき、離婚するしないを別にしても、今後を優位に展開するために証拠を掴むことが大切になります。

不倫調査目的としては一般的に、下記のようになります。

  • 不倫相手の氏名・住所・勤務先・家族構成を特定したい
  • 不倫相手が、どんな人で何をしている人なのかを知りたい
  • 不倫相手に慰謝料請求するために証拠を押さえてほしい
  • 不倫している夫(妻)と離婚を考えているので、裁判に備えて不倫の証拠が欲しい

状況を有利にするための不倫調査

不倫の悩みイメージ

このような不倫の証拠を押さえた場合、不倫相手だけではなく、配偶者(夫、または妻)に対しての怒りが込み上げてくるでしょう。
不倫相手へ慰謝料請求をする場合の証拠としては良いのですが、後々の夫婦関係を考えますとダメージは大きいのも事実です。
結果として「離婚」という結末を迎えているのも現実です。
ですから、離婚するための状況証拠にもなり得るのです。
不倫相手へ慰謝料請求するには、不倫に関する証拠を必ず得ておく必要があります。
不倫に関する証拠を押さえたら、トラブルが解決するまで大切に保管しておきましょう。
不倫の証拠を押さえていれば、離婚するしないに関わらず不倫相手との交渉や配偶者とのその後を有利に進めることが可能になります。

不倫調査料金

不倫調査 【調査員2名・車両1台】
基本料金 1日 3時間まで 5万円
延長 1時間につき: 1万円
※基本料金には交通費・ガソリン代・車両代・各種機材代・調査報告書代等の諸経費は全て含まれていますのでご安心下さい。(遠方の場合、交通費、宿泊費のみ別途掛ります。)

不倫の証拠

配偶者の不貞行為が原因で離婚する場合や、不倫相手に対して慰謝料請求する場合には、不貞行為を立証する証拠が必要になります。
離婚調停や裁判ではもちろん、協議離婚の場合にもあなたが有利に展開する為には、不貞行為の証拠が必要であり、裁判では訴える側(原告)が不貞「浮気」の事実を証明しなければなりません。

不貞行為を立証するには

浮気現場に立ち入り、性行為そのものの証拠を入手することは不可能ですが、その行為を推認「推測」できる証拠があれば、不貞行為を立証することができます。 例えば、二人がラブホテルに出入りする状況証拠や、手紙などで二人が肉体関係にあった事実を認めている場合などです。

下記の様なものは証拠とは認められません。

  • 配偶者と愛人が車に同乗している様子を撮影した写真や映像
  • ラブホテル内の駐車場に駐車中の配偶者の車両を撮影した写真や映像
  • 配偶者が愛人の部屋に入る様子だけを撮影した写真や映像
  • メ−ルの内容

ご相談者様の中には、明確な証拠もなく相手を訴えて、裁判が開始され相手側が全否定し、急いで調査を依頼される方もいますが、訴えた後に調査して証拠が取れる可能性は低いものです。 裁判で不貞行為を認められるか否かは、証拠次第です。証拠があれば、本人や不倫相手が全否定しても勝つことができます。

不倫調査をご依頼の前に

配偶者(夫または妻)の行動が怪しいと思っていても、なかなか不倫の証拠を得ることが出来ないことがあります。
絶対に不倫をしていると思っていても、不倫に関する証拠が何も無ければ、不倫相手から言い訳や反論をされてしまいます。
不倫調査を依頼する前に、ある程度は状況把握のためにも自分で確認して証拠を入手しておくことが必要になります。
もちろんプロの弊社にご依頼頂ければ、きちんと写真や文章などの「報告書」として提出させて頂きます。

不倫証拠収集ポイント

電話の使用のチェック

<自宅電話>

  • あやしい着信にリダイヤルでかけてみる
  • 通話明細をとる

<携帯>

  • 発信、着信履歴、メモリ画像、メール送受信の履歴の消去歴やロック状況

持ち物

  • バッグ、ポーチ、財布などに証拠となるチケットやカード、領収書などがある場合が多い

車の中

  • ダッシュボード、小物入れ、ゴミ箱、灰皿、走行距離、カーナビ履歴、髪の毛の付着、シート位置

衣類、下着

  • ポケットの中
  • ファンデーションや口紅、香水等の付着
  • 新調した衣類、下着の購入先、ブランド(今までと違う場合は愛人の手掛かりになる場合もあり)

その他

  • パソコンのメールの履歴
  • パスポートの渡航歴
  • 手帳の記載内容(暗号やあやしい表記等)
  • 会社に探りの電話を入れる(出張、残業、接待ゴルフ等の所在確認)

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP