スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩みを解消 > 夫の不倫の悩み解消

夫の不倫の悩み解消

夫の不倫をなんとかしたい

不倫の悩みイメージ

夫の不倫の悩みは、不倫された妻にしか理解できないほど辛く悲しい心の痛みとなり、今後の人生においても深い心の傷を残します。
不倫していることが発覚して、その不倫相手と関係が遊び?なのか、本気?なのかで対処方法が変わってきます。
不倫している事実を知ったとしても、夫には問い詰めない方が良いケースが目立ちます。
問い詰めたことによって、状況が一変して不利な立場になってしまうことが多いのです。

夫が不倫する理由

不倫をする人は、刺激を求めていたり、トキメキを求めている場合が多いのです。
不倫する夫は、基本的に自分のことを理解してくれる人を求めていたり、気持ちの通じ合う人がいなく、寂しい思いをしている人がほとんどです。
不倫という形で逃げ場所をつくるのではなく、”心の安らぎ”を家庭や妻に見出すことが出来れば、気持ちも体も必ず戻ってきます。

夫の不倫は遊びなのか本気なのか

すでに不倫が発覚後、夫に問い詰めている場合には、夫の反応を良く見る必要があります。
不倫した夫が反省し、後悔しているなら、出来心の遊びと考えられます。
しかし、反省どころか開き直っていたり、逆に「別れたい、離婚したい」と言われている場合、その不倫は遊びではなく、すでに本気になっていると考えられます。
完全に周りが見えなくなり、人の意見など全く聞き入れない状況なのです。

夫の不倫をやめさせるには

『恋は盲目』とよく言います。
このような場合には、不倫相手に別れさせ屋工作を仕掛けます。
お互いが夢中になって相手を追い掛けている場合には、独身者に別れさせ屋工作を仕掛ける方が効果的です。
今は不倫相手に気持ちが向いているのですが、工作の中で不倫している二人が不安になったり、相手を信用できなくなるように仕向けるのです。

少なからず既婚者と不倫している独身者は、不倫に対しての後ろめたさや不安はあるものです。
新しい恋愛をすることで、後ろめたさや不安のある不倫をやめられる、忘れられると考える人も多く、好きな人を見つけることが出来たら、すぐにでも新しい恋愛に乗り換えて不倫を解消する人もいるのです。
この「新しい恋愛」、「好きな人」を別れさせ屋工作で演出するのです。

別れさせた後が大事

不倫している二人が不倫関係を解消しようとする時、その夫はとてもナーバスになると予想されます。
男性の場合、恋愛に対して従順な傾向がありますので、不倫相手を忘れるまでに時間を要す場合があります。
夫が一日も早く不倫を吹っ切って元気を取り戻すには、家族や妻の支えを必要とします。
本来の夫の姿まで、元の家庭環境に戻るまでに時間が掛かる場合もあります。また、妻の立場から不倫していたことを批判したり、そのことを詰め寄ってはいけません。
家庭の温かさ、家族の大切さ、妻の大切さを理解できるように温かく接してあげるように心掛けて下さい。
この別れさせ屋工作を実施する上で最も重要なことは、妻であるあなた自身の協力です。
協力と言っても、実際に工作に参加する訳ではなく、実施段階での夫の様子を観察して、支えてあげるという協力です。
本人の様子を観察することにより、あなた自身もその効果を実感できます。

夫の不倫解消後

不倫関係を清算後、夫と仲直りして家庭を築き直していくには、夫の自覚と反省、家族や妻の支えが必要になります。
不倫解消後の夫婦が離婚せずにやり直そうとするならば不倫した側、された側ともにお互いを支え合う努力が必要になります。

不倫した夫

  • 本気で謝罪して心を入れ換え二度としないことを誓う
  • 心からの家族を思いやり自分ができることを考える
  • 明るく楽しい家庭のムードづくりを心掛ける

不倫された妻

  • 覚悟して許したのなら完全に忘れる努力をする
  • 先々ケンカしても過去の不倫を口に出さない
  • 新たな気持ちで夫婦関係を築く
  • 疑いを持たず心から信用してあげる
  • 不倫相手の悪口を言わない

不倫をされた妻は一度どこかでつらい気持ちを全部吐き出し、気持ちをリセットすることです。
不満や不安を溜めたままやり直そうとすれば精神的に難しくなってしまいます。
夫が心から反省し、謝罪して夫婦の再生に努力するなら、許すことも大切なのです。
「時間」が解決してくれることもたくさんあります。

夫婦の間にどんな試練が降りかかろうとも、乗り越えようという気持ち、それに向けて努力してみようという気持ちがある限り、いつでもどんな状況からでも夫婦として家族として修復することは可能です。

また、二度と夫に不倫をさせないためには、いろいろな方法があります。
まず、不倫していた夫と不倫相手の二人の携帯電話番号・メールアドレスを変更してもらいます。
念書や誓約書を書かせて二度と会わないと約束させることです。

また、念書を作成するとき、再び、不倫発覚したときは、慰謝料額と同額の金額を支払うという内容にしておきます。金銭的な負担を強いることで、不倫を予防するのです。
もちろんですが、不倫が発覚した以上、どんな理由があるとしても不倫した夫が反省しているなら夫婦でよく話し合って予防策・再発防止策を考えて実行することです。

夫の不倫防止

不倫の悩みイメージ

結婚して何年かが過ぎると、夫と妻は男と女というよりも家族のような存在になってしまいます。
そこに夫が不倫に走ってしまうきっかけや原因があるのです。

不倫した夫が悪いのはもちろんですが、された妻にもその原因やきっかけはあるものです。
結婚後何年も経つと結婚当初は当たり前だったことが、少しずつ少しずつ気付かないうちにどんどん失われていっている場合が多いのです。
日常のマンネリ化、子ども中心の生活や態度、それがきっかけで、仮面夫婦、家庭内別居、セックスレス、浮気、不倫、離婚という問題になるパターンのようです。

結婚相手に浮気されたくないなら、とにかくお互いがお互いを気にする存在であり続けなくてはなりません。
夫婦と言えど男女である以上、「男」と「女」を意識させることも必要なことです。
そのための努力も必要なのです。

夫が残業や接待、または会社の飲み会等でどんなに遅くなっても、部屋の灯りを灯して待っていてあげるようにしないといけません。
寝静まりかえって家の中が真っ暗というのはいけません。遅くなるから寝てていいよ、と言われたとしても、起きて待つことが大事なのです。

子どもが学校に行っていると、朝が早くて辛いから、だから夫に付き合って遅くまで起きていられないというのも理由になりません。
夫が家に着いた時、この灯りにどれだけ心が和むか、あったかい気持ちになれるか、待っていてくれる家族がいることに安堵を覚えるか、想像してみて下さい。
ドアを開けると笑顔で「お帰りなさい。」と温かく迎えてあげて世話を焼いてあげるのです。
決して「遅いじゃない!どこほっつき歩いてんのよ! 何時だと思っているの!」などと言ってはいけません。

些細なケンカのときも「勝手にすれば」、「好きにしていいよ」という投げやりな言葉は使ってはいけません。
家庭ではまず先に子ども優先に考えがちですが「夫の存在」を忘れないでください。
夫婦お互いの愛情で不倫は防止できるのです。
夫婦として程好い距離感をキープして、日々愛情を伝え続けることです。

ありきたりの答えではあるけれど、愛を育てるのは、スキンシップと思いやりのある言葉。
長く一緒にいると、緊張感を保つのは難しいけれどお互いに刺激を与え合えると良い夫婦関係が続くのかもしれません。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP