スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩みを解消 > 略奪愛 略奪婚

略奪愛 略奪婚

略奪愛

不倫の悩みイメージ

不倫という恋愛には、二人が純粋に付き合っている前向きな不倫というパターンがあります。
これは、たまたま好きになった人に奥さんがいただけで、お互いに純粋に愛し合っている場合です。

このような相思相愛の場合は、後ろめたさを感じる必要はあまりないと思えます。
奥さんとの結婚は、何か事情があったりしての間違った結婚だったのでしょう。
人間というものは、完璧なものではありませんから、間違った結婚をしてしまう場合もあります。
それに気がついて、新たな結婚を望むのであれば、素直に過去の非を認めて、やり直せば良いのです。

略奪愛も立派な恋愛

不倫が始まる前からその夫婦が破綻していたかもしれませんし、離婚を考えていたかもしれません。
「略奪愛」と言われますが、相手を脅迫して奪ったわけではなく、気持ちが通じ合わない夫婦が離婚する前に最愛の人に出会ってしまっただけのことです。
お互いに愛し合っているのですから、配偶者と離婚して再出発しようとしている立派な恋愛なのです。

略奪婚から幸せになる

こうして結婚をして、幸せになった人はたくさんいます。これを「略奪結婚」、略して「略奪婚」と言います。
ある意味、お互いを必要として好きになり、愛し合ってしまうことは、仕方がないことなのです。
配偶者ときちんと話し合って、気持ちを整理して正式に離婚をしたなら、何も恥じることはありません。
相手との将来を本気で考えた真剣な恋愛であるならば、それは純粋な愛の形なのです。
下記のようなサービスで、お客様の結婚のお手伝いをさせていただきます。

略奪婚を成就させるには

不倫の愛が実り、いざ結婚できることになった時には、嬉しさと同時に悩むこともあります。
全てを話せば親や周囲からは反対されることもあるでしょうし、相手の現在のパートナーとのトラブルも考えられます。

愛情と自信を再確認する

障害のある結婚に迷ったときは、愛情と自信があるかどうかをよく考えましょう。
二人の間に愛があるなら、どんなに障害があっても関係ありません。
二人の愛に不安があったり、その障害を乗り越える自信がない、器量がないという場合には考え直した方が良いかもしれません。

「やっぱり反対されたから結婚できません・・・」と今さら申し訳なくて言えないという、甘い考えではいけないのです。
どんなに反対があっても、困難な出来事が予想できようと、愛を貫けるだけの自信が自分にあるならば、結婚に踏み切ればいいし、自分の中にも不安があるのなら、今はその時期ではないと身を引くのも大切な勇気です。

不倫している時は燃えるような恋愛をしていたのに、結婚できる環境になったとたんに冷めて別れてしまっている人たちもいるのです。
障害がある恋愛ほど燃え上がり、障害がなくなると冷めてしまう場合は「不倫」に燃えていただけなのです。
障害のある結婚を考える場合は、二人の愛が本物か、本当に必要と求め合っているか、相手と自分を見つめ直すことが大切なのです。

略奪婚を意識させない

不倫の悩みイメージ

もし不倫の末、相手と結ばれるならば、「あなたが原因で離婚をした」というように相手に思わせないことが大切です。
略奪婚という意識を持ってしまわないように振舞いましょう。

お互いが求め合った結果、二人が結ばれただけで、それ以上の責任やプレッシャーを感じる必要はありません。
あくまでも前向きな姿勢で恋愛・結婚を考えて貫けば良いのです。

略奪婚したら、相手の元配偶者のことを悪く言ったり、過去をほじくり返して文句を言ってはいけません。
また、夫婦に子供がいる場合は、離婚が成立しても完全に元家族との縁が切れることはないでしょう。 元配偶者とは子供の父親・母親としての関係と責任が続きます。また、月に一度か週に一度かわかりませんが子供に会いに行くこともあるでしょう。
離婚する配偶者のことも思いやり、考えてあげるくらいの気持ちの余裕や理解する器量が必要かもしれません。

相手を好きで愛していて、略奪婚を真剣に考えるなら、相手の過去も一緒に背負って生きてゆく覚悟を持ってください。
間違ってはいけないのが略奪するには「相手が本当にあなたを愛していて、必要としている場合に限る」ということです。略奪婚が成功するのは、互いの気持ちが同じ場合に限るからです。
今一度、相手と向き合い本当の気持ちを確かめてみて下さい。

略奪婚する方法

婚姻関係にある夫婦を離婚させる方法としましては、すでに結婚している夫婦でも男性であり、女性である以上恋愛をする可能性は充分にあります。
同棲と違う点は、婚姻関係にあるということと、周囲の人達(身内など)にも認知されているということです。
この二点を踏まえて工作を行なえば上手く結果に繋がるでしょう。

たまに、「何分間に何組の夫婦が離婚しています!」と耳にします。
別れてしまうきっかけがあれば結婚している二人でも時として別々の人生を選んでしまいます。
この”別れてしまうきっかけ”を別れさせ屋工作により作り出します

ターゲットに対して異性の工作員を接触させて不貞行為の証拠をつくり、離婚に持ち込む方法です。
夫婦間はすでに破綻しているのに離婚に向けて決定打が無い時、離婚したいけど離婚できる理由のない場合などに用いられています。
工作員に本気になることで相手から離婚を切り出してくることもあるのです。

夫婦の関係や状況・環境により別れさせ屋工作の方法は様々です。
また、結婚していることを工作員に告げないターゲットも中には存在します。
最終局面において、効果的と判断すれば周囲の人を巻き込んだ工作も必要になります。
お付き合いや同棲している二人とは違って、少なからずは周囲に祝福されて結婚しているはずです。
離婚する時には二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために身内が離婚を認めないケースも多いのです。

その為にも周囲の人達に”離婚に至った事実”を知って頂く必要があるのです。
周囲の理解を得ることが出来れば別居→離婚という結果になるでしょう。また復縁や元サヤということもあり得なくなるのです。
上記工作方法は、あくまでも基本的な「離婚させる方法」です。

  • 不倫関係が嫌だから夫婦を離婚させたい
  • 仮面夫婦を見ていられないから離婚させたい
  • 子供への虐待・暴力があるので離婚させたい
  • 夫婦生活が大変そうだから離婚させたい

お話し合いの上で最善の方法を選び実行いたします。
今までにも別れさせ屋工作は数多く経験して、いろいろな二人、様々な状況もたくさん見てきましたので、本気で別れさせ屋工作をお考えであれば、私共の本物の別れさせ屋工作をお見せ致しますのでご使命下さい。
また"離婚"を確認してからが本当の意味でのスタートではないかと思います。
別れさせる方法・離婚させる方法は対象者となる人物の性格・環境によって異なります。
入念な打ち合わせと、しっかりとした事前調査が必要となります。
ターゲットに適した別れさせる方法・離婚させる方法を用いなければ別れさせ屋工作の効果は期待できなくなってしまいます。
まずはご一緒に離婚させる方法を考えてみましょう。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP