スマホ版サイトを見る
トップ > 不倫の悩みを解消

不倫の悩みを解消

不倫で悩み苦しんでいる方はとても多い

不倫の悩みは人それぞれですが、大きく分けると下記の3パターンに分類されます。

  • 不倫されている悩み
  • 不倫相手と別れたい悩み
  • 不倫を実らせて結婚したい

皆様それぞれ状況は異なりますが、別れさせ屋工作における「別れの演出」の必要性は、第三者的な立場から“別れさせたい”という場合と、本人自らが“別れたい”場合に分類されます。
カップルや夫婦を別れさせたい場合の別れさせ屋工作、彼氏や彼女の恋人と、夫や妻の配偶者と別れたい場合の別れさせ屋工作では工作内容や方法が異なります。
ご自身に必要な別れの演出はどのような場面でしょうか?

不倫されている側の悩み

不倫の悩みイメージ

生涯を誓い合って結婚した人でも、一時の感情に流されてしまうことがあります。
それが遊びで終わっていればいいものの、相手の気持ちが自分以外の誰かに向いてしまうことは絶えられないものです。

あなた自身が配偶者の「不倫の事実」の知った時、「不倫を告白」された時、どのように対処しますか?

1・離婚して慰謝料と養育費をとる
2・離婚しないで不倫相手に慰謝料を請求する
3・気持ちが戻ってくるまでじっと耐えて待っている

1のように考える方がいる一方で、子供や家族ことや今後の生活のことを考えた場合に、即座に離婚を決断することはできない人も多いと思います。
「帰ってきて欲しい」、「別れたくない」、「あの幸せな頃に戻りたい」というのが本音だと思います。

一方的に別れを告げられたり、急に出て行ってしまったりされた場合は、話し合おうとしても、しつこくされているように思われてしまったり、「不倫をやめてほしい」と気持ちを伝えれば重荷に感じ取られて余計に冷められてしまいがちです。
不倫相手を許せないという思いから、相手の家や職場に乗り込んだり、法的措置を取れば、大切な人の気持ちまで増々自分から遠ざかってゆくこともあります。

だからと言って諦めたり、我慢して放っておけばどんどん深刻な事態になりかねません。
周囲から何を言われても聞こえない、何も見えない二人なのですから、不倫している本人同士で気付かせるしかないのです。

こうして不倫を解消したいという依頼から生まれたサービスが別れさせ屋工作です。
不倫関係を当事者二人の間から解消させて、元の暮らしを取り戻せるようにお取り組みします。
この不倫解消方法は、相手に知られることなく、合法的に不倫解消できると共に、あなたが依頼した事実が発覚すること
はありません。
不倫している当事者に別れるきっかけ・原因を作り出し、事を粗立てずに自然な恋愛の中で消滅させてゆくのです。
「別れたくない」、「離婚したくない」という思いから、ご自身の言動や行動で事態が深刻化してしまう恐れがある場合は弊社の別れさせ屋工作にお任せ下さい。

不倫相手と別れたい悩み

不倫を実らせて結婚したい

「妻と別れたら結婚しよう」、「君を一番愛している」、「結婚していることは問題ではない」期待を持たせて思わせぶりなことを、不倫している男性は言うものです。
不倫相手の考え・気持ちが理解できない、煮え切らない、本当にこの人を信じて良いのかと不安になり悩むのです。
自分がなぜこんなに辛い不倫恋愛をしているのかという現実が、悩みの根本だと思います。

たまたま好きになった相手が既婚者だっただけ

「好きになってしまったものは仕方無い・・・」、「たまたま好きになった相手が既婚者だっただけ・・・」
不倫している女性はよくこのように思うものです。
たまたま結婚している相手を好きになってしまうことは誰にでもあることです。
男でも女でも、誰でも幸せな結婚生活を夢見ています。しかし、好きになった人が既婚者であれば、その理想を叶えることが難しくなってしまいます。

不倫している人は、結婚に重点を置くのか、自分の気持ちに正直でいるべきかが運命の分かれ道となるのです。
結婚に重点を置くならば、すでに結婚している人と今のままでは結婚できません。
しかし、不倫を続けて時が経つにつれ不倫相手は、「離婚して自分と結婚してくれる」、「別れて私を迎えに来てくれる」、「きっと私を選んでくれる」という想いを抱くようになります。
既婚者と不倫する人は、相手が「私のことだけを愛してくれている」と信じています。
もし、その思いが本当であれば、既婚者は真剣に離婚を考えて行動に移してくれるでしょう。
しかし、相手も真剣に考えてくれているが、どうしても離婚できない状況ということも考えられます。
そのときあなたは諦めてしまいますか?
それとも略奪愛を求めるでしょうか?

もしお互いの気持ちが「本物」であり、「未来への可能性・発展性」を秘めていた場合には、本当の正解とは言えなかったかもしれません。

ご相談窓口はこちら

↑PAGETOP